最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

今年もやります、MTBレース! =昨年の模様はこうだった、、、=動画編

今日で、一月も終わり・・・ ついこの間お正月だったのに、もう今年の1/12が終わりである。早いものだなあ。
先日、サトサイにTELして、今年のMTBレースのことについて聞いてみた。佐藤社長と昨年、その話をした時は 経費的に運営が厳しい、、、 との話を聞いていたから、気になっていたのである。結果としては、やる! ということでまとまったようであるが、まだ 郡山市公園緑地課から正式にOKをもらっていないとの事。まあ、時間の問題でOKが出るのだと思う。 ブログリンクをさせてもらっている ちゃりけんさん もソロで出場されてトップの成績を残されている、、、 スゴすぎだ・・・
僕は自転車仲間で、幼なじみのグーDog と一緒に出場する予定、、、まあ、完走を目標に頑張るつもりである。しかし、坂登りがキツすぎるのである、、、 そして、何よりも楽しい時間である。仲間と体全体で共有出来る遊び、、、それが耐久レース。まったく練習していない今の状況を打破し、少しでも良い成績を残したいものである。

そんな中、前座レースとして行われるのが、キッズ部門のレース。大人よりもはるかに短いコースで行われるのだが、これがけっこう面白い、、、
昨年、アウトドア雑記帳で書いたネタだったが、その時は写真のみの掲載だったので、今回はその模様を動画でお見せしたいと思う。 
祐太郎の仲間たちに見てもらい、「俺も出るっ!」という気持ちになってもらえたら幸いである。みんなで出ようよ MTBレース!!



まずは、スタート!     ※ 動画はフル画面で見た方が見やすいです。


まわりの親が盛り上がってしまいます  ヾ(´ε`*)ゝ


奥、、、興奮し過ぎです。(ノ∀`) アチャー



デッドヒートになりました、、、すんません。僕もついついテンションアップ、、 奥うるさすぎです。(/ω\)ハズカシーィ


一昨年のビリから一転、優勝を飾ってしまった、、、 ありゃりゃ〜(´Д`;≡;´Д`)アワアワ


まあ、今回はうまく行ったが、今年はふんどしを締め直さないと、いかんであろう、そして、この面白いレースにもっともっと、多くのキッズが参戦してくれれば、もっと盛り上がるのは必至である。さあ、小さなサイクリストたちよ、3月29日の日曜日 集えよ!大槻スポーツ広場に!!  NYくん、NHくん、、、待ってるよ〜。

お問い合わせは サトーサイクル サイクルフレンズさん

2009年1月30日 (金)

初ナイター

昨日は僕はお休みであり、以前からの約束で祐太郎とナイタースキーに行く事になっていた。
目的地はミネロスキー場。自宅を出発後、途中で祐太郎がゴーグルを忘れた事に気づき、いったん引き返したため、出発時間が遅くなってしまった。磐梯熱海から高速に乗り一気に猪苗代にワープ!

P1140406

ワープ完了! すると眼前に、そびえ立つ磐梯山の姿が、、、

P1140410


めざす磐梯山、ミネロと猪苗代が見えている。よーし! いくぞ〜!祐太郎!! って、寝てるやんか〜!!

僕は鼻息も荒く、太郎ベエは寝息も荒く?到着したのは猪苗代ミネロスキー場!! ファンカを駐車場に滑り込ませ、ふたりで急いで準備をする。わっせわっせとスキーを降ろし、着替え、持ち物のチェック、等 準備万端。さあ、いくぞ! とスキー場へ突入。ちょうど入り口のところで、いま、スキーを終えて帰っていくカップルと遭遇。しかし、二人の視線はあきらかに僕らへ対し、興味深そうな、少し笑っているような、なんだか哀れんでいるようにも見える、、、不思議な視線。 なんだ〜!なんか文句あんのかよ〜。親子でスキーすんのがなんかわりいのか!!けっ! なんてふうに少し思いながらセンターハウスへ入ると、カップルの視線理由がすぐに判った。 スタッフのおじさんがサッサカサ〜と寄ってきて、「申し訳ありませんが、本日、リフトは終了なんですが、、、」 とにこやかに宣うではないか。 「えっ! ナイターやってないんですか??」 と聞くと、「申し訳ありません、ナイターは土曜日だけなんです、、、」 とまたにこやかにおっしゃる。 あれ〜? パンフレットには堂々と ナイター復活!!と書かれていたのだが、よ〜くよく見てみると、ちいさ〜く、土曜日のみ営業と書いてあるではないか、、、
確認不足の僕が一番悪いが、もう少し大きく印刷してくれてもいいのではないか、、、 まあ、文句を言っても仕方がない。そうだ、せっかく来たんだから、ステッカーを下さいな、とワガママをいいステッカーをGETして、すぐにきびすを返し、猪苗代スキー場へ向かう。


P1140416_2

ミネロの駐車場から見た、夕日に染まる川桁山塊。

P1140418

時刻は16時40分、まだ夕日がまぶしい。

5分ほどで猪苗代スキー場へ到着し、さっそく準備。そしてリフトの上の人となる。


P1140421


僕にとっても十何年ぶりかのナイタースキー、、、久々のナイターリフト。happy01


滑り出すまえにリフト上から気になって仕方がなかった事がある。
それは西の空の色、、、そして滑り出してすぐに、こんな素晴らしき空を見る事が出来た。

P1140432


なんて素晴らしきグラディエーションなのだろうか、、、

P1140431


そして、見えずらいのだが下弦の月が空にアクセントとして、、、

A306_jas_2004


飛行機好きとしては、このグラディエーションは、旧エアシステムを彷彿とさせるものであった


さて、滑り出してみれば、さすがはナイター。雪は完全にザケており、(アイスバーンがグチャグチャになった状態) 滑りづらいったらありゃしない。ボーゲン小僧の祐太郎がちゃんと滑れるか、気になるところであるが、、、 それより、せっかく戻って持ってきたゴーグルを車の中に忘れてきたとの事、、、gawk 戻った意味がまったくない・・・ あほあほ
しかし、滑りはう〜んまあまあか〜 スキー操作もかなり馴れてきた感がある。


ちょっとしたら、この調子になり、まったく意にも介さない、、、


スピードにも強くなってきており、徐々にスーパーボーゲン小僧の領域に近づきつつある。暴走特急にならないようにしないと。
しかし、このゲレンデの状態、イヤな感じである。「滑りづらいなあ〜」 と僕が言うと、「でも、こういうとこで練習すると、絶対に上手くなるはずだよね!」などとさらりと言う・・・ 親ばかと言われるとは思うのだが、mikihouseのCMじゃあないが、最近パパもカッコいいとおもったりして!?  coldsweats01 笑 まいったな。


午後6時30分 奥と約束をした、切り上げの時間である。すかさず、メールを受信! やれやれ、切り上げろと催促か、、、 リフトの上で開けてみれば、間接的にそんな感じのメール。
そこで、ちょっと電話を入れてみる。


しかし、時代は移り変わり、テレビ電話で顔を見ながら話が出来る、、、すごい時代だなあ。


とあらためて実感。 映画「私をスキーにつれてって」では、アマチュア無線だったもんなあ。


P1140429


今日のリフトは、合計5本。う〜む、もう少し滑りたかったなあ。

細かなターンもまあまあ、、、


見づらくてすんません・・・

P1140471

さて、最後に「私をスキーにつれてって」を知らない方々へ、、、
今から21年前の国民的映画、、、 YouTube 貼付けておくので、見ていただきたい。
かなり面白い映画なので、気に入ったらぜひ、DVDでどうぞ、、、


2009年1月27日 (火)

新築祝いは、バスでケーキ、、、 バースで〜ケーキ なんちゃって。

祐太郎がお世話になった幼稚園、双葉第二幼稚園。今年、新園舎が完成し、そのお引っ越しをお手伝いした事は、”マットシのアウトドア雑記帳”にて書いたとおりである。奥と話し合ってお祝いに何がいいかな〜と考えていたのだが、昨日のブログのキーワードつながりというわけじゃないのだが、、、こんなものを作ってもらった。


P1140392

双葉幼稚園の園章とバス。どうです?かなり良く出来ているでしょ!!


P1140192_2

ちなみに実車はこちら、、、 細かい部分まですごい創りであるのだ。


新園舎の0歳のお誕生ケーキである。 誕生記念のケーキだから、バースデーケーキなのだから、、、えっ? 聞きたくないって?? まあまあ、そんな事言わんとお〜

バスでケーキ、、、バ~スデ~ケーキ  なんちって、、、catface


奥と奥の妹、そして祐太郎が今夕、幼稚園にお届けした、、、喜んでもらえたかなあ〜?


※ケーキは郡山でトップクラスのケーキ屋さん、朝日にある、シュルプリーズにて作成していただいた。写真でもなんでも持ってきてもらったデザインを忠実にケーキにしてくれるので、嬉しい。味、サービスともにトップのケーキ屋さんである。


2009年1月26日 (月)

われらの福島交通に”あれ”がやってくる、らしい !?、、、

さて、前回 西部観光の運転手さんに教えてもらったのは、バスの話題である。あまり興味がない方も多いとは思うのであるが、、、バスの雑学をちょこっとお話ししたい。


僕らが住む、福島県中通りの公共交通の中で最も親しまれているのが、福島交通のバスではないだろうか。とは言っても、自家用車で動く事が多い僕が乗る事はほとんどないのだが。しかし、街の中を走るバスの姿は子どもの頃から見ている風景であり、子どもの頃の遠足などでは必ずお世話になっていたものだ。遠足で県外などに行った時、駐車場にたくさんのバスが止まっている中で、われらの福島交通のカラーリングを誇らしく思ったものだった。肌色ボディに紅いライン、、、ちょうど、慣れ親しんだ国鉄の特急カラーを彷彿とさせるもので、30年以上変わらないカラーリングでも未だ、古くささを感じさせない。しかし、そんなわれらの福島交通であるが、昨年 会社再生法の適用を受け、事実上倒産! その後管財人も決まり、営業はそのまま継続しているが、その負債は大きく、今現在社員一丸となって、再生の努力を続けている状態である。


2584f


おなじみの福島交通のバス。写真は高速定期バスで最新型から見ると二世代前の型である。
(三菱ふそうMS725)


実は前作の中で西部観光の運転手さんから聞いたのは、福島交通が待ちに待った新車を発注したとの情報であった。新聞発表によると導入されるのは、ノンステップの路線バス4台との事。それも、メーカーはなんと、いすゞと日野。長い間、三菱ふそう製を採用してきた福島交通もついに他メーカーを導入! しかし、調べてみたら、実は市内循環バスで日野のポンチョという小型バスを導入した実績があったので、ふそう以外のバスは今回が初めてではなかったが、一般路線バスとしては初の出来事である。
今回のお話、最初聞いた時は、高速路線バスかと思い、やたらと興奮した。それというのも今、バス業界では、永きに渡って、販売トップの座に君臨してきた三菱ふそうのエアロシリーズが日野、いすゞの提携によって誕生した新型、セレガとガーラによってその座から引きずり下ろされた経緯があり、県内でもセレガ、ガーラシリーズは、福島観光バス、会津乗合バス、新常磐交通、桜交通、郡山中央バス、など、大小様々なバス会社に採用されている。

三菱は、日野といすゞに遅れて新型のエアロシリーズを発表したが、セレガ、ガーラシリーズのデザイン、性能に圧倒された形になり、またリコール隠し問題も尾を引き、セールスは大きく水をあけられた形になったようである。しかし面白い事に、今まで三菱ふそうユーザーではなかった福島観光バスが、新型のエアロクイーンを採用している。


Apl_07


これがいすゞのガーラである。近代的なエクステリアが文句なくかっこいい!写真はエアポートリムジン。

Apl_505c


そしてこれが新型の三菱ふそう、エアロクイーンである。ガーラと比べ少しおとなしいデザイン。 同じくエアポートリムジン。


県内では、

B3121a333743c61e_2

会津乗合自動車

Jobankotsutino


新常磐交通

Sakurakoutufukusima200ka0795b


桜交通

111_2


福島観光バスは、、、

103


両車を使用している、県内では珍しい例。


さて、今回、福島交通がいすゞと日野の両メーカーをチョイスした背景には、会社再生法の適用中、東京地裁の許可を得て新車購入している状態のため、純粋に相見積もりで安価な車両を購入したという可能性が高いようだ。三菱ふそうはかつて、福島交通の大株主であったから、ふそう以外の車種は考えられなかったが、今は状況が大きく変わったのである。路線バスの後、近い将来必ずや、高速定期路線バスや貸し切り事業用も導入されるのは間違いないことである。

と、なれば、、、

214f


759f


こういう感じになってくるのだろうか、、、と妄想してみた。


P1140389


こんな感じ、、、おお〜っ! かっこいいではないか!!

P1140388


フロントマスクも、

P1140382


リアも、、、いけるなあ〜。


そして、、、こんなのも!

P1140377


P1140378


こっちもいけるなあ〜!

P1140374

        なんて、こんなの塗って、暇な僕なのである。

三菱ふそうも好きだったが、福交カラーのセレガ、ガーラも見てみたい。そのためにも、福島交通には大いに、大いに、がんばってほしいものである!なかなか乗れる機会がないのでおこがましいのだが、輝いてほしい!!われらのフラッグシップトランスポーテーションカンパニーとして、、、、、福島の代表バス会社として!


※記事中のバス写真をお借りしました関係各位の皆様に厚くお礼を申し上げます。
                ありがとうございました。


薫ファイターズ、冬のおたのしみ。

我が息子の祐太郎が所属しているソフトボールのスポーツ少年団、薫ファイターズの冬のお楽しみイベントである、スキー教室が行われた。昨年は入団したばかりだったので、欠席したが今年は参加させていただいた。場所は沼尻スキー場。ここは郡山から最も近く、そしてゲレンデも比較的なだらかなので、初心者にはうってつけのスキー場である。
午前7時 学校に集合。起床時間は午前5時半、、、久々の早起き。そう言えば若かりしかの日、すきーに燃えていた頃は、冬の朝も苦にせず早起きだったなあ〜。と懐かしさが漂う冬の朝である。
 

到着すると校門前には、西武観光のバスがもうすでに横付けされ、床下のトランクが開き、我が家の”新しき仲間たち!?を待ち構えていた。コーチのみなさん、お母さん方とは久々のご対面。
「おはようございま〜す! お世話さまで〜す」とごあいさつ。さてさて、時間もせまっているので、いそいそとバスの中へ。 今回、子どもたちの付き添いという立場で参加する僕。奥はオブザーバー的な立場で参加のため、Nさんちの奥さまと一緒に自家用車でスキー場へと向かう。
バスの中は子どもたちの”たのしくってしかたがなーいっ!!!”というオーラに満たされ、幸せを全身に感じつつ、安全で快適につつがなく進行していく。母成峠を越せば最短で行けるのだが、バスは大きく迂回し、猪苗代町から115号線で沼尻へと向かう。きっと峠の路面凍結を嫌っての事だろう。

さあ、ゲレンデに無事到着。貸しスキーを借りる面々はあわただしくスキーを借り、自前のスキーを持参の面々は、ゲレンデで足慣らし。


 

P1140233


スキー場へ到着。トランクからスキーを下ろす。コウちゃん、黄色いウェアーが似合うね〜。


P1140238


足慣らしの面々。しかし、この日は冬型が強まり、アイスバーン状態のゲレンデであった。

P1140248


全員準備完了。一旦集合して、上級、中級、初級 と三班に分ける。ここではその選別試験?をする。


P1140241


緩斜面で、ひとりづつ滑る。滑りをコーチがチェックする。


P1140254


Sコーチがスキー教室の先生。なんと!SAJ指導員の資格も持ってらっしゃるのだ!!

Sコーチがいらっしゃるから出来るようなものであるスキー教室。薫ファイターズは有り難い環境なのである。さて、祐太郎はどうかと言うと、なんとか中級レベルに混ぜてもらった。準備運動の後、初級班は、緩斜面で。中上級はリフトに乗って、上へと移動。リフトに乗るのもおっかなびっくりの子もいたが、大丈夫だろうか? 

P1140339


P1140270


2年生、ちっちゃいなあ〜。でも頑張っているのだ。リフトから降りて転んだってへっちゃらだい!
後ろの大門団長は、なんと、監督さんではないですかあ〜 渋い!


天候は徐々に崩れ、雪が降ってきた。寒さも厳しいのだが、子どもたちは元気一杯!


雪の中を滑る祐太郎、、、

しかし、みんなうまいなあ〜、やっぱしスポーツやっている子どもたちはセンスがあるのだなあと実感。


雪が降っているが、子どもたちも降ってくる、、、あれ〜 とまらな〜い!   笑


P1140275


コーチに丁寧に教えられながら、滑りまくるみんな。あっという間に上達してくる。


P1140287


よ〜く話をききなさ〜い。


P1140291


説明の後、Sコーチのデモ。さあ、同じように滑ってごらん、、、

P1140293


P1140295_2


P1140296_2


P1140297


P1140313_2


P1140326


P1140309_2


P1140305


P1140315_2


P1140322


P1140337


みんな、それぞれ個性的な滑りだなあ〜。

P1140338

レストハウスの中に入ると、曇る曇る、、、

お昼になり、第一レストハウスへと移動し、みんなで昼食にカレーライスを食べる。盛りがよくって、食べごたえ充分。しかし、せっかくバスで来たので、密かに、麦で作られた炭酸水をいただくことにした。コーチに聞いたら、見つからないように、、、ということなので、秘密裏に自販機で購入してきたら、SAコーチのしょっていたリュックの中から、出てくる出てくる、米で出来た清涼飲料、、、いわゆるワンカップというものである。コーチによると、滑っている間、背中ではカチャカチャとビンがぶつかりあう音が響いていて、なんとも言えなかったとの事、、、 笑
そして、なぜだかおつまみに柿の種やら、するめいかまで飛び出して、僕らの場所だけ別次元の様相を呈す。
お母さん方の呆れた視線の中、紙コップで日本をいただく。ああ、、、なんで明るいうちから呑むとこんなに美味しいのであろうか。 すっかり御馳走になってしまった。 来年は僕らも持ち物を考えねばいかんなあ。


子どもたちは食べ終わるとみんなすぐに表に出て行って、雪合戦やらなにやらで盛り上がっているようだ。僕らはワンカップやらなにやらで盛り上がっていたが、、、

すっかり重くなった腰を上げて、僕らもまたゲレンデへ向かう。あいかわらずの雪の中、午後の部開始である。子どもたちはほんと、元気一杯!普段のソフトの練習の時とは違う、満面の笑みの子ばかり。
コーチ、親、そして子どもたち、互いに共有出来る素晴らしい時間。いやあ、来て良かったなあ。と、しみじみ思った。そして、我が家はこのスキー教室のおかげで、禁断の扉をこじ開けれられてしまい、結局、祐太郎だけでなく、僕も奥もスキーを買う事になってしまい、冬期の過ごし方が激変してしまった。僕も新しい板(ATOMIC)とブーツ(Salomon)、ストック(LEKI)を購入。カービングなる新しきスキーの世界に足を踏み入れてしまった。滑ってみたら、すごーく滑りやすい。振り回せるし、なんだか上手くなった気分になった。今度は一人で出かけようかな、、、 

子どもたちも、、、だいぶ上達した。


止まれるようになったよ〜。happy01

P1140360


また来たいなあ〜という声がいっぱい聞こえた、寒いながらも楽しい一日だった。


P1140331

スケーティングで斜面を登ったせいか、翌日は ふくらはぎが筋肉痛になった僕であった、、、

                  とほほ、、、、、


そうそう、乗り物好きな僕はバスの運転手さんたちと談笑していると、思いがけない最新情報が耳に入った!!!  


               そのお話は、次回の講釈・・・


2009年1月19日 (月)

引っ越しました。これからもよろしくお願いしま〜す!

マットシのアウトドア雑記帳をいつも読んでいただき、本当に有り難うございます。
今までのブログの編集枠がいっぱいになってしまいましたので、本日こちらへと引っ越しさせていただきました。いままでのものは、そのまま残しておきたいと思います。こちらからリンクを貼っておきますので、バックナンバーとしてご利用ください。
これからもあんな事、こんな事、外遊びの事をいっぱいいっぱい、書いて行きたいと思います。なにとぞよろしくお願いいたします。


P1050854_3


トップページ | 2009年2月 »