最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« MTB3時間耐久、、、細胞は起きたか !? キッズ編 | トップページ | 初登り、晴天なりて最高の空。 »

2009年4月 6日 (月)

MTB3時間耐久、、、細胞は起きたか !? アダルト編

キッズレースが無事終わり、すぐに3時間耐久レースが始まる。今回の僕の狙いはずばり、取材車としてスズメバチを走らせながらレースに参戦する事だった。そのために前日からHVビデオカメラ、それと車載カメラとしてまめカムくんも準備。よーし!準備万端、、、と勇んでやってきたのだが、会場では何かと慌ただしく、まめカムくんを装着しようとしてる時間が取れない、、、
それどころか、今回はチームの相棒として出走予定の”ヨシケン”が朝方まで仕事だとの事で、なんと!10時半過ぎにならないと会場入りできないため、いろんな準備を一人で行う、、、
それよりも早く来てもらって交代してもらわないと、、、とてもソロでなんか走れない僕なのだから、、、coldsweats02


P1150753

キッズレースが終わると、大人の部門は間隔なくすぐにスタートするので、すぐに準備に取りかかる。カメラを準備し、まめカムくんをスズメバチにセットしようとしたのだが、ここでトラブルが発生。カメラ本体の入力調整が出来ない、、、これではまめカムとパナソニックのビデオカメラの接続が出来ない。何度もがんばってみたが、出来ないのでとうとう断念することに、、、 夕べ夜更かしして準備したのにい〜、、、
ということで、残念ながら取材車になる事は出来ず、”来年”は取材車になれるようにしたいと思う。
さて、今回の大会で僕たちは3回目の出場となるのだが、まあ、まったく練習せず、のぶっつけ本番であるからして、ただでさえ能力が低いのに、遅いのは必至。しかし、愉しく時間を過ごすのが僕たちの目的なので、あしからず許してほしい。
ここで”相棒”について紹介しておきたい。

相棒 名前 ヨシケン
年齢 39歳
僕の三つ下の後輩である。小学校、中学校と同じくして、近所に住んでいた事から、幼なじみの感が強い。小さな頃から一緒に自転車で遊んでいた。彼の父はなんと自転車の卸関係の仕事をしており、その関係からめっぽう自転車に詳しく業界に知り合いも多い。
高校は須賀川高校、何と自転車部の部長だった。現在も7台もの自転車を所有しているそうで、自転車バカ、と言える。流通関係の仕事のかたわら、最近はBMXレースに熱中している。
 記憶力が素晴らしく、15年も昔に行った合コンの時の服装、座った順番、話した内容に至るまで克明に憶えていたりする、、、故に昔話をする時はかかせない”動く青春のアルバム”でもある。顔は昔からオヤジ顔、根はピュアすぎるほどピュアでやさしい。  
現在も独身であるが、やさしく、物事に思慮深く、アウトドアに長け、遊び上手(”床”ではない、coldsweats01) 世の独身女性にお薦めの一品である。
短所 ギャグの内容が深すぎて判らない場合、多し。

P1030042

このヨシケン、今回は仕事の関係で遅れて来ると言う、、、到着するのは10時半くらいだという、、、9時スタートのレース。つまりは1時間半も僕が乗らねばならないのだ。昨年までは2周から3周で チェーンジ!! という感じだったので、果たして大丈夫だろうか?? 心配である。しかも今年はコースが大幅に変更になり、今までよりもキツいコースになるらしかった。
ああ、不安ながらのレースであるが、まあ、のんびり行きましょう〜 

会場では、ブロ友である、ちゃりけんさん、キャサリンさん、pontsukoさん、141さんが出場するとのことでお会いする事が出来た。(141さんご挨拶出来ず、すみませ〜ん)
みんな、闘志みなぎった感じ、、、 テンションの差が大きいなあ〜。と思いながら、せっせか準備。すると、こんにちは〜 とやってきたのは、同じくブロ友、ピナ男さんがやってきた!
ピナ男さんはブログの取材との事でカメラ片手で記者の出立ちである。
僕らのパドックには、奥、祐太郎。そして奥の友人であるアベベ (昨年、出場予定だったのだが、スタート直前の体調不良で断念)今年は忙しい中、応援にやってきてくれた。そして今回、祐太郎といっしょに参戦したN家のみんな。となかなか大所帯である。
ピナ男さんとの談笑もそこそこにレースが始まりそうなので、スタート地点に選手が集まってきている。僕は結局試走も出来ないままスタートを迎えてしまった。キッズレースの取材、なにやかにやでしそびれた。準備運動もそこそこ、、、スタート地点にシュッパーツ。
まずは、最後尾に陣取りましょう。スタート直後のダッシュスタートに追従出来ないかもしれないので、最後尾付近からのんびり行きます。邪魔をしないように、、、

Dsc03826


スタート直前 緊張の糸が張りつめる。サトサイ社長、走る走る!


Dsc03829


スタート!!!! フロントラインにはエリートクラスなどの猛者が集結している!

スタートしてすぐに急な登り。そこを70台ものMTBがいっせいに登って行く。僕もワッセワッセと登って行く。しかし、頂上に近づくにつれ隊列のスピードが落ちていく。わっせわっせわーっせわーーせ、うをあーーーーせえ〜 ありゃりゃ止まっちったよ〜、と脚をつく。ここから乗ったままの再スタートは完全に無理なので仕方なく降りて押す。初っ端から脚に来る、、、
急な登りが終わると今度はゆるやかな登りが少し。そして道は急激に狭まり、完全なるシングルトラックになる。片側は崖になるので一歩間違うと、崖下にすってんころりん、おむすびころころになってしまう。道は下りで右カーブし、さらに下りながら小さなカーブが連続する。勢いよく行くとカーブで外に飛び出しかねないから、ブレーキで調整するわけだが、ここでちょっと問題、、、タイヤの性能。今回はDRYコンディションのため、通常履いているロード寄りのタイヤで十分だと踏んだのだが、ブレーキを強くかけるとタイヤが思ったよりも早くロックする。
これは気をつけないといけない、、、調子をこいて下っていると大転倒につながりかねない。事実、何周かしているうちにタイヤがロックしヤバーって言うシチュエーションが、、、この現象は何カ所か別な場所でも発生した。やはり、近いうちにタイヤをオフ用にチェンジしよう。
シングルトラックを下りきると山の裏側に出る。少し広い草地の真ん中をスピードを乗せて走って行く。ちょっと牧歌的な雰囲気が気持ちいい。しかし、その先は階段で山を登らねばならない。中には階段脇を乗って登る強者もいたらしかったが、僕の走っている順位周辺にはそんな猛者はいないので、その姿を見る事は出来なかったが、、、、、


P1150978


階段を登りきると今度は昨年までのコースに戻り、山の尾根道に出る。そしてここからもいきなり一番急な坂、、、ここはとても乗っては行けないので階段に引き続いての押し登りが続く。
辛っ! 登りきり、尾根道部分の最高地点に到着。ここからは”すこーおしの登り”と平坦路、そしてゆるやかな下りで山頂尾根道を突き進む。ここが一番、、、そして唯一気持ちよく飛ばせる場所である。ほどなくするとスタッフが道に立っている姿が見えて来る。ここが分岐点。ソロ、ビギナーチームはここから右折し、獣道のような細く急な下りをおりてゆく。エリートクラスは分岐点の先の階段を下る。

P1150979


無事下りきると公園内に戻って行く道に出る。そしてここでエリートクラスコースと合流する。
自動車が走れる幅の砂利道を公園内のバーベQ広場にむけて走る。途中からゆるい登りに入る。けっこう、この登りがこたえる、、、(完全なるスタミナ、筋力不足、、、)
パドック前に入る少し急な斜面を駆け下り、パドック前に、、、ここはみんなが見ている場所だけに、ここだけは気合いを入れて、元気に走る!でも僕は今回、ヨシケンの到着が気になって気になって、、、我がチームのパドック前を通過する時の台詞は決まって、『お〜い、ヨシケンは〜??』 奥、アベベが口を揃えて『まあだだよ〜お』 とニッカニッカの笑顔で答える。
『ガンバ ガンバ〜 』 少し離れた所から、祐太郎とNYが『がんばってえーっ!!』と声援んをくれるのが嬉しい。『ひぇ〜、まだ来ね〜のかよ〜』 と泣き言を言いながら次周回に入って行く、、、情けないが、そんな姿を笑いながら見送られているのが愉しい!! ような気がする。


P1150981


P1150752


パドック前。ここは(ここだけ)元気に走ろう! 


P1150758


キャサリンさんがやってきた! 女性ソロ部門での参戦 スゴっ! 


P1150759

凛々しい! 


P1150760


お疲れモードのちゃりけんさん、、、腰痛がひどいらしい、、、

P1150761


でも、しっかり曲がって、、、

P1150762


GO!!!

10時30分過ぎにようやく、ヨシケン到着!すぐにピットインし、選手交代である。行けー!! 僕は休むのだ、、、はあ〜疲れた〜。

休んでいるとすぐに『マットシさ〜ん 来ちゃいましたあ〜』 と聞き覚えのある声が、、、
おお〜 振り返るとそこには場違いなピッカピッカのロードバイクが4台、、、そしてENDLESS のHIDEさん、バシさん、KENさん、TOBIさん、が! 『えーっ!自転車で来たんですかあ〜』 目が丸くなってしまった。 福島から自転車で駆けつけてくれたのだ。『いやあ〜、マットシさんに会いに来ましたよ〜』とHIDEさん特有のリップサービス。いやあ、ようこらったの〜お。TOBIさんは山形から来てくれたとの事!ほんにありがとうございます。
ピナ男さんも合流し、みんなでコーヒータイム。『マットシさん走んないの?』と聞かれたが、今まで、僕のノルマ分は完全にクリアしているので、長い休憩。と説明する。

P1150756


ENDLESSのみんなとピナ男さん。応援ありがとうございました!!


レースは進み、僕はENDLESSさんの希望もあり、再度チェンジすることに。パドック前だけ元気なんだと説明し、しょうがないので走り出す。しかし、一周でヨシケンにバトンを渡す。後はのんびりお話しタイム。コーヒーを飲みつつレースを見つめる。パドック前はみんな元気に通過する。しかし、トップクラスのライダーは速いのである。僕の得意コース、尾根道最高地点付近は愉しいし、比較的うまく乗れてる。しかしトップクラスは速い。僕は坂道で喘ぎ喘ぎ、黒い煙を吐きながら登る蒸気機関車の如く。ゆっくり登る。そうしているとまるで蒸気機関車のようである。その脇をかっとんで行くのはエリートの猛者、そしてこの差がすごい。僕が押して歩いているそばをかっとんで行く。その差はSLと新幹線の差があった。 とても追いつく物ではない、、、 まあ、のんびり行くとするさ、、、というわけで、のんびりとこぐ、、、

三時間後、無事ゴール!怪我もなく走りきれた事。もうこれだけでOKなぼくたち、、、

P1150768


チェッカーが振られ、レース終了。続々とライダーたちが帰って来る。

P1150771


ちゃりけんさんも無事ゴール! 

P1150775


この顔がレースのキツさを表している? お疲れさまでした〜

P1150780_2


キャサリンさんも無事 というか、女性ソロ部門優勝! おめでとうございます!!

P1150776


ヨシケンもゴールイン!! よくやった〜 おつかれ〜!

P1150777


なんだか走り足りなそうな顔である。もう一周いく〜??

P1150778


P1150781


レース後は表彰式、そして豪華景品が当たる恒例の大抽選会が行われ、会場は盛り上がり、そして全てが終了、、、僕は今回残念ながら景品は当たらなかった、、、トホホ
三々五々、選手たちは荷物を整理し、会場を後にして行く。ENDLESSさんたちも近くのラーメン屋さんで食事をとって福島まで自転車の旅、、、マジ頭が下がります、、、お疲れ様です。
ちゃりけんさんたちに挨拶をしようと思ったのだが、タイミングが合わず出来なかった。すんません、、、
のんびり走ったのだから、帰りものんびり帰ろう。ということで僕とヨシケンはゆっくりと話しをする。アベベはレース途中で帰り、奥と祐太郎、NY家のみんなは午後からのスポ少に行くために先に帰った。最近なかなか忙しく、ヨシケンとも話せていなかったから、ちょうどいい機会になった。
サトサイの奥さんにもお礼の挨拶。来年は開催が危ぶまれているとの事を以前から聞いていたので、今年の分をあらためてお礼を言いたかったのである。開催は会場費の値上げが予想されるとの事から発生している話との事。詳細はまたの機会にするが、こういう手作りのスポーツイベントはとっても貴重で、しかも自転車に関しては郡山では皆無であり、尚且つ15年も続いてきたことを考えれば、市はもう少し何かを考えるべき!! ちょうど今、郡山は市長選の真っ最中。僕はこういうイベントを守ってくれる候補に投票したい。

P1150977


Dsc00613


”来年”はこういう映像を撮りたいのである・・・

そして、”来年”は N家のコウちゃんも出たいとの事。そしてENDLESSさんも参戦かあ〜?
とにもかくにも、”来年”が楽しみな僕なのであった。  おしまい

« MTB3時間耐久、、、細胞は起きたか !? キッズ編 | トップページ | 初登り、晴天なりて最高の空。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

マツさんへ
こんばんは〜、コメ返、遅くなってしまいすんませ〜ん。
そうですね〜。しんどいレースでしたが、、、順位もしんどい、、、 でもとっても愉しいです。耐久はソロで出んのもいいけど、、、っていうか、僕には無理かと思います、、、 チームプレイも面白いです。みんなでワイワイしながら、こういうのもいいなあ〜って思います。富士の麓で一晩中やるMTB耐久レースがあったと思います。僕がもうちょっと強者であったら、これも面白そうなんです。なんたってキャンプしながらのレースですから。
さて、マツさん、スカイラインはもう登りましたか?
開通当日、テレビで一人のローディーさんがインタビュウされてました。僕は天気と僕の細胞の具合で、月曜にでも登って来ようかと思っています。またあの雪の回廊に会いに行きます。
そうそう、スカイバレーは24日に開通予定だそうです。待ち遠しいですね。

こんばんは!アダルト編もとても楽しい(苦しい?)ですね〜(^-^)MTBも魅力的ですね!
こんな楽しいレポートも上手く活用すれば参加者(親子も)も増えそうですし、主催者や協力している(?)行政もやる気アップするのでは!?
来年は迫真のビデオ映像を撮ってメディアなんかも巻き込んで、がっぽり儲けて、、いやPRしてください(^^)

HIDEさんへ
冒頭に申し上げますと、MTBは非常に愉しいものであり、歴史こそロードバイクの比じゃあないですけど、でも、二輪の中身、本質を学ぶのには最適です。そしてなにより、バイクコントロールの基礎はオフにあり!ですから、大人になった時に二輪の基礎がしっかりと出来ますから、ロードバイクで走りをしたい向きには、最高です!
ぜひとも、ENDLESSさん、来年はりべんジで happy01 かっこいいですよ〜。

ちゃりけんさんへ
こんばんは〜。あらためまして先日はお疲れさまでした〜。ちゃりけんさん、キャサリンさんの勇姿、とくと拝見させていただきましたよ〜。やっぱし、さすがですよ〜。おふたりの実力。我々は小さいなあ〜。ハハハ
撮影班、取材車両として参戦したかったのですが、残念ながら機材トラブルのため、断念しました。面白い映像を撮ってDVD化してもうけたろかあ〜 って思ってましたが、、、(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ うそうそ、、、
腰の具合はどうですか〜? 大滝までもう少し、体をいたわりながら、トレーニングしてくださいね。
今度はゆっくりいろんなお話しをしたいものです。キャサリンさんにもよろしくお伝えください。

お疲れ様です~
がんばりましたね~
そして、ブログ仲間の表情が、写真で、分かります。
MTB大会は、きつそうですね。

これからも、色々な写真や、イベントを、ブログで拝見いたします。

お願いします~(*゚▽゚)ノ

ENDLESS HIDE

詳細レポート素晴らしいですね。当日のとこを思い出します。
前半一人で走ってたんですね。ケンちゃんも仕事明けで駆けつけてそのまま走るなんてすげえ。

カメラやビデオの重装備?撮影班?
結構いい走りしてましたよん!
ソロもいいけどチームで参加もいいですね。
パドック前ではいろんな人に応援してもらって気持ちがリフレッシュできました。ありがたいっすね。

腰痛いのも調子悪いのも毎度のことですが今回は特にひどかったです。裏の階段のぼりがきつかったあ。
来年、開催されるか分からないですが、また走りたいですね!

ちこさんへ
ありがとうね〜。そうなんですよ、もうこの大会、15回目。でも自転車やっている人とか、興味がないと判らなかったかも、、、
ヨシケン、弟さんの同級生でしたか〜。どっかで何かが繋がっているね〜。
人ってそういうのが面白いね。
おはようサイクリング、へ〜そういうのがあったんだ、逆に僕がそれわかんないや〜happy01 

おつかれさまでしたhappy01
私、大槻町民でしたが、大槻公園でこんなイベントがあるなんて、今まで知りませんでしたcoldsweats01
ところで、お友達のヨシケンさんって、たぶん弟の同級生ですねwink
(実は弟も小学生の頃、おはようサイクリングに参加しておりました・・・)

marunouchiさんへ
こんばんは、marunouchiさんも自転車に乗られるのですね。僕はエキスパートとは行きませんね〜。スタミナないし、メタボ、、、だし。でも峠の坂道をひとりでワッセワッセと登って、頂から眺める下界、絶景、達成感が大好きです。
レースも色々出てみたいのですが、仕事の関係で週末の休みが取りづらく、なかなか・・・出れません
でも、山を駆け回ったり、自転車登山したり、さあ、これから春の香りが漂ってきましたので、いよいよ活動開始ですね〜。あっカヌーもそろそろ、活動開始です!

kojiさんへ
ありがとうございます。僕はヘロヘロでしたが、でもとっても愉しい時間でした。もう少し大掛かりにチームを組んで、みんなでがんばり、そしてみんなで楽しみ、そしてそして、、、みんなで呑みながら反省をする! これが理想ですね〜、ハハハ(=´Д`=)ゞ
kojiさんのブルベはたったひとりで、自分との闘いなんですよね。すごいなあ〜。 あっ、僕も今年はひとりで磐梯山に登りたいと思います!もち、スズメバチといっしょに、、、 
明日はスカイライン開通日。春に、、、なりますね。

mattoshiさんお疲れ様でした(^o^)

私も自転車に乗りますがmattoshiさんやほかの皆さんのようなエキスパートではないので感心してしまいます。

昔桧原湖1周したら半分くらい行ったあたりでタイヤがバーストしてしまったという苦い思い出があります(>_<)

レースに出場しながらの取材ご苦労さまでした。皆さんのブログを拝見しても、きつそうなコースなんですね。一まわりも二まわりも大きくなった“友達の輪”すごいことだと思います。イベントの楽しさも倍増ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MTB3時間耐久、、、細胞は起きたか !? キッズ編 | トップページ | 初登り、晴天なりて最高の空。 »