最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« 地上デジタル時代が来たった(きたった)・・・ | トップページ | GWは初体験、電気式野外生活!!   後編 »

2009年5月 9日 (土)

GWは初体験、電気式野外生活!!  前編

!今年のGWはたったの4連休、、、昔は一週間くらいは休めたのに、、、短すぎっ! 怒
5月の3〜6までがお休みであり、前半は何じゃかんじゃで終わってしまったが、後半はいつも世話になってるN家と、時々N家で一緒に楽しい飲み会をするHさん家族と三家族でのキャンプを予定していたのである。N家、H家、ともに飲み会ではいつも”大爆笑の宴” となるおもしろ家族なので、今回のキャンプは僕にとってとっても楽しみであり、また子供たちも胸膨らませて待っていたイベントなのである。

 前日に合同買い出しを行い、各家族準備万端! しかし、今回は少しイレギュラーな出発になるのである。出発当日、N家のYくんと我が家の祐太郎は、ともに薫ファイターズでの公式試合が重なっていて、また今年からはN家の当主、コウちゃんも薫ファイターズのコーチとしてデビューしたので、この3人は三春町で行われる公式試合に臨んでからキャンプ場へ来るのである。
午前10時、N家へ集合。ゆっくり目のスタートである。

P1160447

N家でH家と合流。N家の当主、コウちゃんはスポ少、薫ファイターズの公式試合のため、我が家の祐太郎と愛息Yとともに試合会場、、、 よって、ここにはH家の当主Kちゃん、(通称リンちゃん、僕が勝手にそう呼んでいる、、、)奥様のMちゃん、長女のYちゃん、次女のSちゃん、とN家の奥様Aちゃん、次男坊のR そして、我が家は僕と奥。合計8人で出発。N家のお母様に見送られての出発である。

 P1160449

右からYちゃん、Sちゃん、Rくん。さあ、元気に出発しよう!!

今回のキャンプ地は、N家の企画で宮城県にあるエコキャンプみちのく。ここは国営のキャンプ場らしく、各サイトに電源があり、また施設もそうとうに充実しているらしい。お風呂もあるし、水洗トイレは当たり前、、、 僕がいつも行ってる秋元湖野営場とは雲泥の差があるらしい。
僕はどちらかと言うと野趣あふれる方が好きなので、こういう所はどうも、、、 と強がっているのだが、でもちょっと興味もあったりして。ハハハ

さて、H家の二台目エスティマと我が家の初代”最終型”エスティマは東北自動車道郡山インターから一路、宮城県川崎町にあるキャンプ場へと向かう。 ここでちょっとしたハプニング発生!! 間抜けな僕は家に大切なETCカードを忘れてきてしまったのだ。高速入り口でストップ。家を出る時に渡されたはずなのだが、その後の記憶がまったくない。どこに忘れたのか、はたまた忘れてないのか、、、いっさい記憶にございません。gawk
N家のAちゃんがカードを持っていたので、借りる事で一件落着。今日は祝日なので高速は1000円!!やばかった、、、この物忘れ、アルツハイマーか。困ったもんだ。


先行していたH家のエスティマに追いつき、午後1時過ぎに宮城県川崎町にあるエコキャンプみちのく到着。チェックインは午後2時からなのだが、フロントの方の計らいで早く入場させてもらえる事になった。キャンプ場入り口には立派なゲートがあり暗証番号を入力しないとバーが上がらない。ふ=むセキュリティも完璧なのだ。

P1160453


管理棟入り口にあった地図、、、

P1160452


こっちはサイト案内図。どちらも木の板にきれいに掘ってある。

P1160454


管理棟である。なんとも立派な佇まい。


管理棟にはお土産や、アイス、お酒、ビール、おつまみ、などなどが売っていて、ちょっとしたコンビに並である。そしてこんなもののレンタルもあり、、、

P1160455_2


ひょえ〜 としか言いようがない、、、


サイトはAサイトと呼ばれる12人までの大型のサイト。サイトにキッチンがついており、もちろん電源もある。ぼくがいつも遊んでいる秋元湖とは180度違う。キッチンの水道からはなんとお湯も出る、、、もうこれは家の快適性がそのままここにある。奥は大喜びである・・・


さてさて、感動ばかりはしていられない。テントの設営を開始する。我が家は考えてみたら昨年はキャンプ出来ていないのだなあ。仕事が恨めしい、、、
不安なのは我が家のテントの設営がとっても難しいことである。そして、一年以上キャンプをしていないので、完全に忘れているから大変である。取説もないので、出たとこ勝負?で建てるのみ。


P1160456


一時間後、出来上がったテント村。スクリーンテントが2。テントが3。一番左が我が家である。


P1160457


こちらはスクリーンテント。大型のものが二張りなので、巨大な収容スペース。


その辺りで遊びまくっている子供たちが息せき切って帰ってきた。なんだか近くの林で木登りが出来る、とか何とか言っている。よくよく聞いてみると、木登りのレクチャーかなんかがあるらしく、予約制なのだとか。我々は予約などしていないから無縁のものだと思っていたが、子供たちの賑やかなパワーは運を運ぶのであろうか、予約無しでも特別にやらせてもらえるらしい。
15分くらいしたら来て、、、 と言われた子供たち。楽しみで仕方がないようである。

P1160469


そうこうしているうちに試合を終えた後発組が到着! 試合の結果は一試合目は勝利。しかし、二試合目は完敗、、、まだまだだなあ〜。しかし、コウちゃんの話では試合内容は決して悪いものではなかった、、、との事。でも負け投手は祐太郎なのだ〜〜〜 あっちゃあ〜。
 

P1160473


みんなでお出迎え〜なのである。コウちゃん、お疲れさま〜。

子供たちは木登りの話を聞きみんなで直行する。

P1160479


行ってみたら、木登りと言ってもロープクライミングの事。本格的なクライミングである。


P1160491


インストラクターのタカさん。モーガンフリーマンに似た紳士である。やさしくユーモラスに教えてくれる。

P1160489


最初のトライは着いたばかりの祐太郎とY。Yはうまい!するすると登って行ってしまう。

P1160492


祐太郎も徐々に高くなってきた。

P1160501


男子の次は女子、、、おねえちゃんであるYちゃんが先に、、、

P1160510


次女のSちゃん。ライダーキック!! のようである。がんばれ〜!!


しかし、登ってみたら、女の子の方が上手いのである。男子よか高い所まで登ってしまった。


P1160513


こんなに高いのである。はっきり言おう!Yちゃん、Sちゃん、おじちゃんは高所恐怖症なのであなたたちのようには登れません。すごいっ!!


タカさんがおっしゃるにも、どうも男子よりも女子の方が変なプライドがないので、ガシガシ登ってしまうとの事。男子はプライドが傷つくのを恐れて、登りもしないのだそうだ。う〜ん悔しいが判る気がする・・・


タカさんは、ロープクライミングのほか、クラフトなどのインストラクターとして活動されているとの事。木登りのあと、タカさんからストローと厚紙で作る飛行物体のツールをいただいた。
あとで飛ばしてみよう! やさしくおもしろい野外の先生タカさん、ありがとうございました、また機会があったら会いたいなあ〜。


さて、サイトに戻り、夜の宴の準備である。今回は火の元ツールが二つともデビューの日と相成った、メインはコウちゃんが購入し、楽しみにしていたもので、焚き火台と囲炉裏端がくっついたようなツール。

P1160521


それがこれ! おおー かなり便利そうなのである。 廻りの囲炉裏端にお酒や食べ物をおいておけるので便利!

もうひとつは僕が購入していたバーベキューコンロ。炭台がスライド式で引き出せるので、炭を追加したりする際に網や鉄板を外さなくてもいいので便利である。
今回はこのふたつで”焼き焼きパーティ”なのである。

それからなんともスゴいのが、これ、、、

P1160524

ご飯が、、、炊飯器で。電気で、、、お、お、お、happy02 でも便利なので奥方たちは大喜び。人数が11人と多かったので、たしかに炊飯は楽であった。


そして、日暮れとともにガスランタンに灯が入り、夜の宴へと突入して行くのである。キャンプで僕が一番好きな時間、日暮れのひと時、グラスに注がれるお酒、焚き火、ランタンの灯り、旨い料理、、、まさにゴールデンアワー。

P1160526


大人も、、、

P1160527


子供も、、、


この野外出迎える夜が大好きなのである!! 
さあ、盛り上がろうぜー、ベイビー!! 

今回はここまで。     続きはまた後で、、、、、

« 地上デジタル時代が来たった(きたった)・・・ | トップページ | GWは初体験、電気式野外生活!!   後編 »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

てるてるぼうずさんへ
キャンプ場、スゴいとこでした〜。国立だということですごく近代化が進んでますね。でも、僕の心は秋元湖野営場ですね。その昔、僕が子供の頃は、山の中の何にもない野っパラで、岩を組み合わせた焚き火場を作り、ワイルドなキャンプをしてました。水は近くの沢から汲んで来て使いました。故に上流には民家はないような奥まった場所でのキャンプでした。(水汲みは子供の仕事でした)
トイレは深ーく穴を掘って、そこでしましたね。大きいのをした人は自分の分が隠れるくらい土をかけて置きます。
たまにはそういうのも必要だと思います。大規模災害時に役立つ経験になりますからね。大都市圏での災害時、トイレが出来ない方がおおかったようですが、そんなものはスコップ一本で片付きますよね。

レジーナの森、すいぶん変わったのでしょうね。むかし、会社で企画してるキャンプ大会で何度か行きました。(サイトの広場では、あのepoとふたりでCDを売りました〜。)
湖のそばの芝桜、綺麗だったんでしょうね。


おちびちゃんとのキャンプ、ぜひ実現させてください。人生一度きり。キャンプは大きな体験になると思います。我が家の坊主もスポ少が忙しくって、中々行けなくなりました。しかし、いっつも思いますが、中学校の部活ってそんなに偉い者なのでしょうか? お盆などの夏休みも親子との時間を平気で奪い去るようですが、、、
家族の時間もとっても大事なんですけどね、、、

家族でアウトドア。
いいですねえ。
もう何年やってなだろうか。
子供が小さい時だけでした。
小学高学年になった頃だったか
明日空いてるかと聞くと
悪いけど明日は用事があるから遊べないといわれたことがあって
やんなっちゃうよ。sad
マットしさんとこも、もうすぐじゃないかなぁ。

昨日の休みは小生親孝行とでも言っておくか
レジーナの森へ柴桜みたいから連れて行けというので
車でドライブ。
いつのまにか随分変わっていて
キャンプ場の所はちょっとしたハイキングコースがあり
ちょうど、ミニ尾瀬みたいになっていてびっくりでした。
変われば変わる物です。

日記を読んで
随分キャンプも変わったんですねえ。
なんでもかんでもエコですね。
遊びもインストラクターがいて
遊びを教えたりかぁ。
いたれりつくせり
時代は変わった。

キャンプは薪をたかなきゃ
とか言っても小生も発電機持参で
やったことがあったけど
おまけにテレビ持込カラオケだものwobbly
早くちび大きくならないかなあ
そしたら絶対キャンプやります。
とでも言っておきます。

ちゃりけんさんへ
お帰りなさい。お疲れさまでした〜。またしても超人的な旅をしてきたんでしょ! すごいなあ〜。尊敬します。人生そのものを本当に謳歌されてる姿、、、羨望です。

さて、キャンプ、すごいですね〜。ぼくもビックリでした〜あ。奥方のためにたまにはこう言うのもありなんですね。でも、僕はやっぱし、”秋元湖の男”が一番似合うようです。今日は久々に、毎年恒例の湖上花見、してきました〜。湖ひとつ、貸し切りでした!!

http://blog.goo.ne.jp/chariderkenken
楽しそうでいいですね!
キャンプ場も随分進化してるんですね。インストラクター、確かにモーガンフリーマンににてますね!
旅から帰った俺はみんなのスキルアップに付いてゆけそうもないなあと思っちゃいます。世の中が10日間進んでて俺だけ取り残されてるような溜息ばかりの浦島太郎状態です。

kojiさんへ
ありがとうございます。 自転車はなかったですが、とってもいい時間でした。特に子供たちには、、、
キャンプ場は予想以上に広すぎて、僕は移動せず、ほとんど見る事が出来ませんでした。自転車を持って行ったらもっと楽しめたと思います。子供たちも安全に愉しいサイクリングが出来たでしょう。今度遊びにいく時は、みんなで自転車持って行きたいと思います。
kojiさんはまた、自転車三昧だったのでしょうか?素晴らしき時間、拝見しに行きま〜す!

marunouchiさんへ
”裏” 意外の場所にキャンプ行ったのはほんと、久しぶりでした。時々違う景色を見ないといけませんね。いい場所でした。
キャンプの醍醐味は、ああだ!こうだ! とよく激論してましたが、今回はやってみていい経験でした。大所帯でやるのには、便利でいいのかもしれませんよ。
不便を味わうのもいいし、意外性のある利便性を楽しみながら遊びにうつつを抜かすのもいいのかもしれません。

今年は、秋元湖での花見が出来なかったので、ちょっくら行って来たいと思います。もう終わっちゃったでしょうけど。でも、”マットシ桜”(勝手にそう呼んでます)に会いに、、、

RINちゃんへ
お世話様でした〜あ。こちらこそありがとうございました。おかげでとっても楽しい(面白い!!)時間が過ごせましたよ〜。また一緒に遊びましょ! 今度は檜原か秋元でのカヌー、楽しいですよきっと! 僕もこんな便利なきキャンプは初めてでした。これは奥樣方には素晴らしく便利で最高ですね〜。今度は不便さを味わいましょうか?smile 
また、おいしいお酒が呑みたいですねえ。コウちゃんちでの宅呑み、フィールドでのキャンプ呑み。どっちもいいなあ〜。愉しい人が一緒だと、どこでもお酒がおいしい!! H家の方々とはどこでもOKです!!
ブログ、つたないものですが、暇な時にでも読んでやってください。またコメを気軽にどうぞ、、、古い記事に対してでも大歓迎です!
まあ、またゆっくり呑みましょ!! 

マツさんへ
おひさしです!! すごいキャンプ場でした、トイレのドアは自動ドアでしたし、トイレの便座は自動で開閉するタイプ、、、完全に我が家より上です。ビックリです。たまにはこういうお気軽もいいと思いますが、キャンプでは、イヤっというほど不便な思いをする事も大事です。野外生活の大変さ、これを味わいながら、夕暮れの乾杯。これは最高ですね!! 
そして、不便さを克服した達成感と、家に帰って来たときの安堵感、野遊びは、これがいいんだと思います。
子供たちには少しでも早くアウトドア感覚になれてほしいです。
パラ、残念ながらインサイト出来ませんでした、、、
緑深いこういう場所でのフライト、さぞかしきもちいいんでしょうね。いいなあ〜。

ピナ男さんへ
ありがとうございます。そうですね〜。今回は子供たちに喜びを与えるだけのキャンプだった感じがします。でも、
次の機会からは、カースト制度を敷き、子供たちは奴隷として働いてもらいたいなあ〜 と思っております。今回は遅れてきた後発組の関係もあり。手伝いをほとんどさせなかったことが悔やまれます。やっぱし、子供たちには一所懸命働いてもらいたいですね。自分で建てた家に泊まり、自分たちが拾った薪で火をおこし、自分たちで料理をし、そんな経験が何かを必ず育ててくれるはずなんです。
この次はぜひ!子供たちにがんばってもらい、われわれ、貴族はのんびりとお酒を呑みたいものです。
ピナ男さんがおっしゃるように、僕には秋元湖が一番のフィールドなのだと思います。でも、たまには違う空気も吸わなくてはいけません、、、 いい経験でした。

akezoさんへ
こんばんは〜。こちらこそありがとね〜。色々とお世話になりました。
カヌーは残念でしたが、そんな事はよくある事です。天気が悪くだせなかったことなんか何度もあるので気にしないでくださいね。僕的には逆に裏磐梯と言う全国的に見ても最高のロケーションで子供たちをカヌーイングさせられる事でかえって喜んでいますよ!
6月は難しくっても7月には行きたいと思います。
秋元湖でいいの〜?? 野ションの練習が必要です。(檜原湖ほうがいいのでは??、、、)smile なれればその開放感に魅せられると言っていた女性がいましたよ〜。
秋元湖、中津川渓谷、水遊びでは最高なんで暑い盛りの夏はほんとに最高なんですけどね、、、そんな時期にみんなで行きたいなあ〜。

キャンプ場がここまで良くできていると、家庭がそっくり野外に出たようで、奥様方がお喜びになるのが分かるような気がします。
気のあったご家族同士での楽しい時間が持てたGWで何よりでしたね。続編を楽しみにしています。

GWは裏磐梯に行っていないのことでしたがこういうことでしたか(^o^)

ランタンの明かりがいいですね、キャンプしたいです。

薪を使ってハンゴウでご飯を炊くことから2バーナー、そして今は電気ですか?
楽でいいでしょうがキャンプにはふさわしくないと言うか味気ないというか・・・。

楽しんで来れたみたいで何よりです\(^o^)/

アウトドア雑記帳2を初めて拝読させて頂きました。マットシさんの郷土愛や家族愛、多岐にわたる自然や社会への博識と敬愛に感心しております。これからバックナンバーを読み進めたいと思います。もちろん今後の更新を楽しみにしております。
先日はキャンプに参加させていただきH家一同お世話になりました。我が家2度目のキャンプでしたが、あまりの便利さに驚きました。便利さと不便さのバランスをとりながらこれからも楽しんで行きたいと思います。是非次回もよろしくお願いします。

エコキャンプみちのく、噂には聞いてましたがすごい近代的装備ですね〜(^^)
自分が子供の頃は少し山に入ったそこら辺で(ただの林のような所で)、コンロ?は大きめの石を自分たちで集めて作ったりしてたような気がします。トイレも確か穴を掘ったりしたような、、(^^;)
でも手軽に家族を野外体験に連れ出せるのはとてもいいですね!私も家族を連れてキャンプとかしたいな。
そうそう、エコキャンプみちのく周辺でモーターパラが飛んでませんでしたか?あそこら辺はパラ仲間がモーターパラ用のフライトエリアとして利用させてもらっているようです。

いい遊びしてましたね。
雰囲気がよく伝わってきます。
子供たちの顔が嬉しそうに生き生きとして。

それにしてもすべて完備されたキャンプサイト。
スゴイの一言です。
忙しい現代人にはありがたいかも知れませんね。

とはいえ、マットシさんにはやはり秋元湖が一番
似合うと勝手に思っております。

初めてコメントさせていただきます。先日はお世話になりましたhappy01親子共々とっても楽しい時間を過ごさせていただきました。いつも、家族だけのキャンプだったので・・・ホントご一緒出来てうれしかったですhappy02
一つだけ心残りが・・・カヌーです。せっかく持っていっていただいたのに車から降ろすことなく帰ってきてしまったこと、ホント残念ですcrying
是非、秋元湖で乗せてくださいship
マットシさん!たまには電源付きのキャンプもいいでしょ~うupまた、行きましょうね。
追伸・うちの年代ものの炊飯器、のせていただいてありがとうございますsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地上デジタル時代が来たった(きたった)・・・ | トップページ | GWは初体験、電気式野外生活!!   後編 »