最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« 初夏の檜原湖にて、、、船上読書は極上時間。 | トップページ | 夏風や 湖上を渡る ひとひらの 光と影を 追いつつもなお、、、 »

2009年6月18日 (木)

初カヌー 夏風さわぐ 水面かな、、、

僕の仕事上のお客さんでもあり、今では友人とも言えるHさんご夫婦、以前からカヌーに興味を持たれていて、一緒に行こうと言っていた。今日は絶好のカヌー日和。さあ! 行こう!! 今日も檜原湖に行くことにした。奥様がいらしゃるので、秋元湖のトイレがやっぱしネック。まったく何とかならないものか、、、
というわけで、今日もレイクランドヒバラさんにお世話になることに、、、

P1180367

午前10時にとある7/11で待ち合わせをした。国道49号線の渋滞のため、僕は10分ほど遅れて到着。ここでお昼と飲み物の買い出し。ここで問題発生!アウトドアのお伴として僕的にはなくてはならない存在になったあの、KIRIN FREEが置いていない!! すかさず、責任者とおぼしき店員さんにFREEの重要性を得と説諭し、その場を去ったのであった・・・


まあ、そんなことはいいとして、買い出しをすませ、いざ! 裏磐梯へ。(FREEはその先にあるミニストップにて購入。)

P1180350


P1180364


P1180361


今日の猪苗代付近。


レイクランドヒバラさんに到着し、いそいそとルーフから第十一共栄丸を降ろす。さあ、まずは行ってみましょうか! レクチャーもそこそこにカヌーに乗り込む。 初のカヌーであるHさんには少し物足りない説明で湖上の人となる。 Hさんの愛犬、サラちゃん(黒ラブの女の子)がもう大喜びで水の中に飛び込び、走り回っている。我が家のレディは水嫌いなので、その辺をウロウロしている、、、たまに泳げよ。

さて、Hさん!行きましょう! と僕もカヌーに乗り込む。あとで気がついたが、僕も急いていたのか、あれを忘れてしまった。あれを、、、


エントリーする岸辺に面した小さなワンドを一周し、少し沖合で磐梯山を眺める。天気が最高なので絶景この上ない眺め。Hさんもこの眺めには感激していたようで。うんえがったえがった。と僕も喜ばしい思いである。漕ぎ方はだいたいOk! 今度は一人で漕いでみる? と自立を促す。だいたいおおざっぱな性格の僕はいつもそうなのだが、ひとりでやってみた方が早く憶えるのだ、と送り出してしまうのだ。流水である川下りは別にして(瀬の越え方など、難しいことがあるので、、、まあ、これも色々と失敗しないと憶えないのらしいのだが、、、) 静水である湖や沼の場合はなんとかなってしまうのだ。(観光地などで、手漕ぎボート乗り場にインストラクターはいないのがその証拠である。)あれやこれや言うよか、自分で体得したほうがわかりやすいし、憶えるのも絶対に早い。


P1180573


P1180368


さあ、一人で行ってみよう!! と漕ぎだすHさん。おえ〜い!いいじゃないっすか! もう少しパドルもつ手の幅を広げたほうがいいくらいかな? 少し漕いできたらもうコツを掴んだようである。

P1180378


と、油断したら、あらぬ方向へ突っ込んだ、、、 笑 でもこんなのが愉しいのである。

P1180379


こんどは奥様を伴って出航である。男と女がカヌーに乗っている姿は絵になるのである・・・

P1180381


P1180382


P1180383_3


う=む いい絵なのである。かっこいいのである。なぜか男が男らしく、女が女らしく見える。

P1180385


かっこいいのでモノクロで表現してみた。なおさらにシブいのである、、、

P1180389


正面からの絵もいいなあ。普段は自分が乗っているので、こうして進む共栄丸を撮ることが出来ない。う〜ん、こうやってみるとなかなかいいのではないだろうか?


この日の檜原湖は平日であるのだが、前回一人出来たときよりもあきらかに、そして大幅にモーターボート類の運航が多い。前回の記事にも書いたが、モーター船の航跡波はカヌーに大きな揺さぶりをかける。この点だけはHさんにもよく伝えておいた。真横から波を受けると、転覆までには至らないにしても、波がキャビンに侵入してきたりするし、また横揺れが大きくあんまりいいことはない。まあ、少々スリリングな瞬間を味わえると言うものくらいが、メリットであろうか。波には極力、真っ正面から突っ込むのがいい。


お題 ”愛は航跡波を越えて、、、”   夫婦二人で波間を駆けていく綺麗な光景だ。 後半に聞こえる波の音は航跡波が岸に届いた音である。

そういえば、最近 奥とカヌーに乗っていないなあ・・・ なんて事はあんまし考えなかったが、こうやって男女がカヌーイングしている姿はかっこよく、また昔はカヌーに乗らない? なんて言うと、女の子をで〜トに誘いやすかった。 、、、らしい。  なんちって。


Hさんちのサラちゃん、泳ぎは達者なのだが、カヌーは初めて見るものであるらしく、Hさんと僕の乗るカヌーに泳いできたかと思うといきなりっ カヌーによじのぼろうとする。おいおい〜船は揺れるし、僕の短パンはビッチョビチョ〜 もう大笑いである。サラちゃんの必死な表情。ご主人様に置いていかれると思ったのであろう。もう少し修行が必要かな〜?

 P1180392

Hさん、もうカヌ〜、買うしかないでしょ〜

 

P1180396


昼頃になって少し風が吹いてきた。しかし夏の風 といった感じで心地いい檜原湖の午後、、、

お昼ご飯にしよう、ということになり、、、

P1180398


Hさんにおにぎりを持ってきていただいた。えっ? どこで買ったのでしょうか? このパッケージ、7/11でもないし、ヤマザキでもないし、ファミマでもない。 と思い聞いたところ、Hさんちで作ったものだとの事。えっ!こういうパッケ〜ジ、売ってるんですか〜。
はじめて見た僕は感動してしまった。そしてこのおにぎりを頬張ったところ、海苔がめっちゃいい香りで美味しい!! コンビニおにぎりとは雲泥の差があるではないか。
Kさん!まちがいなく、僕がいままで食べた中でベスト5に入るおいしいおいしいおにぎりでしたよ!


P1180397


すんません、あまりに美味しいので4つも食べてしまいました。マジ旨かった〜 ごちそうさまでした〜


しかし、完全に食べ過ぎである。おにぎり4つにペヤング焼きそば特盛りを食べてしまった。
それから、そうそう、これを忘れちゃいかんのだ!


 P1180417


もう、僕の中で完全に定番と化したKIRINのFREE。こりゃもう箱買いした方がいいかもしれない。


P1180399

パパ、ちょっとどこ行くの〜?

P1180400

待ってよ!パパ〜


P1180401

イヤだ〜、行かないで〜 サラ淋しいの嫌いっ!


P1180402

放して放して!!


P1180403

うぇ〜ん


P1180404

パパのばかあ〜、、、


出航するサラパパ Hさんを追おうとするサラ。奥さん(Kさん)の必死の抑えである、、、


P1180407


ひとりで出航、、、完全にハマった かな? 


P1180460


おお〜 夫婦の息もピッタリである!こんなにカヌ〜が似合う夫婦も珍しい、、、


P1180433

             | |  イコ〜ルだったりするわけで。

P1180572


P1180567


P1180577

おだやかで、最高の岸辺。


P1180579_2

きらめく波間が美しい。

Hさんとのカヌータイムは、それはもう至極、癒されるひとときで、、、
梅雨に入ったばかりの裏磐梯ではあるが、夏雲が広がり、そして蝉が鳴き競い、夏のそれと思わせる風がさわやかでここちよかった・・・ まるでお二人のように。


ごらんあれ、もう立派なカヌ〜イストであるのだ!! 


はじめてのカヌ〜は、少しコワかったようではあるが、それがいいとこでもあり、そのコワさを忘れずに、そしてあと二回も遊べば、うちのカヌーはどれがいいだろうか、、、と悩み始める事必至である。サラを乗せるんだったら、おすすめはやはりカナディアンかなあ〜。ハハハ
何はともあれ、また行きましょうか。夏の裏磐梯へ、、、
 

« 初夏の檜原湖にて、、、船上読書は極上時間。 | トップページ | 夏風や 湖上を渡る ひとひらの 光と影を 追いつつもなお、、、 »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

さらさんへ
おつかれさまでした〜。どうでしたでしょうか?初カヌ〜は、、、充分楽しむ前に終わってしまったような。
さらもがんばって乗れるようになりますよ、きっと。スズちゃんも子どもの頃から乗る事をお薦めしますよ〜。
夏になったらまた行きたいですよね。泊まりで行きたいものです、、、確かにビールを呑みながら、語り合いたいものですね。僕はKIRINもいいですが、やっぱし、エビスがいいですねえ〜 笑

出遅れました~
マットシさん、素敵な時間をありがとうございましたヽ(´▽`)/
しかも、こんな綺麗な写真もいっぱい・・・
ちょっと照れてしまいました(*´v゚*)ゞ
今度は、焚火の光で麒麟の「一番搾り」か「ラガー」にしましょう。
色々とお世話になりました

ピナ男さんへ
行きましょう!また湖へ。
ピナ男さんとの語らいのひとときが必要な僕です。
一泊でキャンプしたいですね〜。

てるてるぼうずさんへ
ありゃ〜、やっぱしいろんな事をやっていたんですね。
流石です。
じぶんでいろんなものを造るその精神、とっても重要ですよね。不器用な僕には出来ない事です、、、ハハハ
コールマンのカヌー、ありましたね。ポリ艇はあまってしまって大安売りしてましたよ。特に真っ赤なの、、、

いまからでも遅くはありません。てるてるぼうずさんのこれからのアクティブ人生、孫盛りも大切ですが、孫と一緒にアクティブしましょう!
湖畔の珈琲、湖畔のビール、湖畔のバーボン、湖畔の焼酎、湖畔の大吟醸、どれも最高です! 笑

kojiさんへ
たのしい湖上のひととき、最高の癒しです。
檜原湖はモーターボートがうるさいので、あんまり好きではなかったのですが、最近慣れてしまったのか、気にならなくなってしまいました、、、
でも、今度秋元湖に行った時にその静かさにまた感動しちゃうと思います。
kojiさんとも、いつか湖で語り合いたいなあ、なんて勝手に思ったりしています。
おしどり夫婦のカヌー予備軍、kojiさんもいかがですか〜

最後の写真が幻想的で好きだなー。

いつも言ってるけど
のんびりカヌー遊びしたいです。
今はちっちゃいのが欲しい。
ミズスマシみたいな奴。

和やかな感じでいいですねぇ。
我輩も若ければ同じ事をしてたかも。
僕らの頃はカヌーなるものがなかったので
せいぜいゴムボートのエンジン付きを借り
家の奥を一度乗せたくらいかな。
カヌーと言えば舶来のアウトドア誌で見てたくらいでして何所で売っているのかも知らず
その頃仲間がカヌーを作ったと知り
以前話をしたと思うが、我輩も負けじと作った事がありました。
不安定この上ないカヌーでして脇にフロートを作り
くくり付けて浮かべた事がありました。
安定感バッチリで立って釣りも出来ました。
その頃だったかコールマンがカヌーを出し始め
まだその頃は高価で手が出せなかったと記憶してます。
今はすっかり孫守りに勤しんでいる次第で
ばあさんと乗ってもねぇ。
ほのぼの家庭で半分羨ましいです。
小生は湖畔でせいぜいデレクターチェアーに座り
コーヒーを飲むくらいですね。


本当に絶好のカヌー日和でしたね。“mattoshiさん”の布教活動で、またまた“おしどり夫婦”のカヌー予備軍が増えてしまいそうですね。見ているこっちも思わず楽しくなってしまう“mattoshiさん”の写真がまたいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の檜原湖にて、、、船上読書は極上時間。 | トップページ | 夏風や 湖上を渡る ひとひらの 光と影を 追いつつもなお、、、 »