最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« 2009郡山市まちなか子ども夢駅伝競争大会〜男子の部 | トップページ | 初カヌー 夏風さわぐ 水面かな、、、 »

2009年6月12日 (金)

初夏の檜原湖にて、、、船上読書は極上時間。

今日は、カヌーをしに行こうと決めていた。いつもであれば、秋元湖〜 と気負って出かけるのだが、今日は檜原湖に行くことにした。
檜原湖は裏磐梯で最大の湖で、周辺施設も充実している。秋元湖のオンボロ野営場(失礼〜) も最高なのだが、(僕にとっては、、、) しかし、あの設備のレトロ感と言ったら、女、子どもには不評すぎるほど不評で、その辺の事を考え、あえて檜原湖に視察名目で出かけたのだ。7月になったらHYちゃん、HSちゃんを招待しなきゃいけないからね。

P1170920

 時間がなくってなかなか行けないのだが、本当は奥会津の銀山湖や只見川にも出かけたい、、、
檜原湖でカヌーをしたことはあることはあるが、全体を巡ったことはなかったので、ちょっと興味もあった。ただ、檜原湖がイヤなのは、あの爆音を響かせて走り回るジェットボートのような奇妙な船の存在、そしてモーターボートも多く、静かな湖ではないということである。それゆえ、いままであんまり興味がなかった。しかし、ここで素晴らしいのはやはり裏磐梯、いわゆる磐梯山北側爆裂口の絶景である。まあ、とにかく行くだけ行ってみよう、、、そこからなにかが始まるのだから、、、なんて。

P1180195


今回、エントリーする岸辺はここ、檜原湖東岸部、裏磐梯休暇村のそばにある、レイクランドヒバラさん。以前から色々とお世話になったことがあり、オーナーさんとは顔見知りであったのだが、なにせ、僕が檜原湖を避けていたので、? ここ最近はトンとご無沙汰していた、、、

P1180196


休暇村の道をはさんで反対側、(西側)へ入る。ぼくはこのいつまでも舗装されないダートが好き。なんだかちょっとワクワクする絵になる道である。

P1180193


出迎えてくださった奥さん。笑顔が素敵な気さくで明るい方である。また、お世話になりま〜す!

P1180191


ここは、テントサイトの他、キャンピングトレーラーをコテージとして常設しており、ここに宿泊も出来るのである。


詳しくは、、、こちらをクリック→ レイクランドヒバラさんち!


さて、時間が惜しいのでヨッコイショ〜とカヌーをルーフからおろし、荷物をカヌーに積み込み
レディも乗船完了。さー、第十一共栄丸、出航である。

P1170921


今日は移動中の車中でゲー、しそうになったレディ。船酔いは大丈夫なのか??

P1170943


檜原湖から磐梯山を眺む。そして乾杯なのである!

しばらくすると、南の方からあいつがやってきた。

 

 P1170924


檜原湖の観光船、ばんだい丸である。 わが、第十一共栄丸から見たら、巨大な旅客船である。

P1170925


ここで気をつけなくちゃいけないのは、ばんだい丸の航跡波である。こいつがけっこう厄介者で、小さなカヌーにとっては影響大なのである。 面舵イッパ〜イッ!! すかさず船首を右に振り、航跡波がやってくる方向に直角に当たるようにする。真横から波を受けると簡単にコックピットの中に水が入ってくる場合があるし、横波が大きければ最悪、転覆する恐れがある。まあ、こうやって文章化すると大袈裟に聞こえるが、実際にはただ向きを変えるためにすこし漕いであげればいいだけ、、、


P1170927


航跡波が終わった後のばんだい丸の航跡の場所に入る。 航跡波が去った後は意外と穏やか。


P1170951


東側を眺めると、大好きな裏安達太良が遠くに見えた。

P1170953


北側を眺めると、遠く早稲沢方面が見えた。

 自転車で一周すると約34㌔ある檜原湖。カヌーで一周したらどれだけ時間がかかるのだろう。
カヌーの速度は計ったことがないから分からないが、おそらく時速3〜5㌔くらいか。
カヌーをしたことがある方なら分かると思うが、カヌーを漕ぐって、意外に大変なのである。
ことに向かい風となると、、、こりゃもうかなり大変。しかし、上腕筋、背筋、腹筋にはとってもいい運動になる。今度、檜原湖一周でもしようかな〜、、、、、 丸一日カヌーを漕いでるようだなあ〜。間違いなく次の日は上半身筋肉痛のため動けませんから会社を休ませてください。と小声で会社に電話をしないといけないようになっちゃうのだろうなあ。 でも、やりたいなあ。


P1170958


おっ、裏磐梯東都バスがいくなあ〜。水上から眺めるのも乙だなあ〜。


P1170966


何見てるんだ? レディ、、、 しかし昨日、サマーカットしたばっかりなので、坊主犬。

P1170976


船を停め、セブンイレブンで買ったおにぎりなどを食らう。旨! レディ恨めしそう、、、

P1170989


こんな眺めの中、今回はのんびりと漂いたいと思い、、、


P1170992


お気に入りの短編集を持参した。


P1180005


漂いながら、のんびりと本を読む。こういった時は気負わず読める短編集がいいのだ。

この時間、波に心地よく揺られ、眠気が襲って来る。なんと気持ちいいのであろう。まさに極上の時間。 しかし、僕はこういう時の必須アイテムを持参していない。必須アイテムはアンカーである。アンカーがないと船は風に流され、眠ってしまった場合、どこに行ってしまうか分からないので、船の脚を止める必要があるのだ。アンカーは市販品の立派なものもあるが、ようは重しなのだから、手作りでもイケチャウはずである。近いうちに自作することにした、、、

P1180009


ひとしきり読書をし、今度は岸辺をパドリングすることにした。 濃厚な緑が体を包む。


P1180039


普段、自転車で走っている橋の下を探検だ。

P1180041


橋の下をくぐってみた。ちょっといい眺め、、、


P1180062


雪の重みで倒れたのか、こんなシュールな光景多し。ここをカヌーでくぐっていくのは、けっこう技がいる。微妙なパドルさばきで船首を巧みに操らないといけない。


自慢じゃないが、こういう時に船の向きを微妙にコントロールするのはかなり得意である。カヌーを購入してから一度も、コールマンカヌー教室などには通ったことはない。すべて独学でやってきた、、、しかし静水だから簡単。流水は、、、今後の課題。

P1180109


自転車で檜原湖をまわる時に磐梯山の写真を撮る橋にやってきた。

P1180111



P1180153


キャンプ場に戻ってきた、、、奥に見えるのはキャンピングトレーラー。


この時期、裏磐梯ではもうハルゼミがしきりに鳴いている。梅雨前だが、もう初夏の雰囲気である。
これから梅雨に入り、約一月間、すっきりとしない天気が続くが、梅雨が明ければもう夏本番!
とっても待ち遠しい季節である。


P1180181


ハルゼミ。ジージーとうるさい奴。バスを狙う釣り人に話を聞いたら、この時期はハルゼミ型のルアーしか喰わないとの事。見せてもらったが、実物に色までそっくりだった。バスは湖面に落ちた蝉を喰らうのだ、、、

P1180174


雲が切れ、晴れ間から太陽が顔を出す。湖はきらめき、暖かい風とハルゼミの声が夏を感じさせる。


   
岸に上がり、第十一共栄丸を引き揚げた。大きな岩に船体をひっくり返して立てかける。ボトム(船底)を乾かしたかったからである。乾くまでの間、しばしの癒されタイム。キャンピングチェアーを出し心地よい風に身を晒す。


P1180164


心地いい時間。


と、そこにあいつがやってきた、、、

P1180186


ドロドロドロ〜 と音を立てて、、、こいつがうるさいので、きらいなのだ。あっちいけ〜!


檜原湖での久々のカヌー、けっこう楽しめた。檜原湖には檜原湖の良さがある。しかし、ここは上陸出来るポイントが少ない。周遊道路があり、観光船がたくさんいるので、賑やか。今まではこれがイヤだったのだが、子どもたちには観光船の出す航跡波での遊びも愉しいかもしれない。
夏であれば、多少濡れても全然Okだし!!、、、 レイクランドヒバラさんであればトイレもきれいだし、お風呂もある。N家もH家も大丈夫であろう。 
これで子どもたちを連れてくる場所は決まった。あとは当日、晴れてくれることを祈るのみ、、、みんなの日頃の行いにかかっている!


P1180189


夏の訪れ、裏磐梯はきらめき、最高の季節を迎える、、、

夏の片鱗を感じた、とっても気持ちいい休日。 

« 2009郡山市まちなか子ども夢駅伝競争大会〜男子の部 | トップページ | 初カヌー 夏風さわぐ 水面かな、、、 »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

てるてるぼうずさんへ
ありがとうございます。布バケツのシーアンカーの件、ありがとうございます。さっそく今度試してみたいと思います。
カメラ、ハマりまくっているようでいいですね〜。
裏磐梯に限った事じゃあないですが、自然に満ちあふれた故郷、福島をめいっぱい切り撮っちゃってください。

こんばんは。
布バケツは通称シーアンカーといってそのまま水の中に
沈めれば効果あります。ある程度は流されますが
ないよりはバッチリです。
カメラの件は先日メーカーへ問い合わせたら
親切丁寧に教えていただきました。

さてと、入梅となってしまったが、今の所落ち着いているようなので今度の休み足を延ばしてみますか。
ふぁいと~~~

ピナ男さんへ         ◯
ありがとうございます。   /II> 
エ〜気分でしたよ〜。 〜〜〜〜V〜〜〜〜
の〜んびり、ゆ〜ったり、、、 波に揺られて、、、
本を読む。 お金はないけど、これがある! ってな感じでした。 ありがとう! 第十一共栄丸よ〜 てな感じで、いい休日でした。 
今度、ピナ男さんもいっしょに行きましょ!絶対に!

湖上で読書、カヌーに揺られながら。
最高のシチュエーションですね。
写真もきれいだしなー。

自分ものんびりとパドル漕ぎたいです。

kojiさんへ
ありがとうございます。最近、こういう脱力系が多いので、少し鍛えるためにスカイバレ〜に登ってきたいです。
まだ、今年は一回も登っていないスカイバレ〜、行かなきゃなりませんっ!

kojiさんの脚、いかがですか?あ、そうそう大事な頭、の傷も、大丈夫でしょうか? 
しかし、今年はkojiさんに会えますでしょうか? 

そうそう、最近僕の会社の先輩がローディストデビューしました、みちのく、、、を中心に走っています。
黒赤のコルナゴに乗る大きな体を見かけましたら、どうぞ、お声をかけてください。

marunouchiさんへ
ありがとうございます! 裏磐梯、いいですよね〜。
大好きです! でも好きだからこそ、もったいなく思います。それは開発の下手くそさ、、、 難しい問題ですが、何もないのがいいのですが、中途半端にかっこ悪く開発するのはやめてほしいです。自然との調和を考えたセンスある開発にしてほしいものです。
観光客のマナー低下、、、憂うべきことですね。最近は外国(アジア)からの観光客も増えてきているようですが、その辺にも原因があるのでしょうか??
ともあれ、裏磐梯が好きだ という気概を常にもって、これからも遊びたいと思います。

marunouchiさんの精力的な撮影活動には、ただただ頭が下がります。でもその素晴らしきセンス。美しい写真の数々、これからも楽しませてください。 写真家の方々も数多く訪れる裏磐梯、これからも僕たちの宝として大事にしていきたいものですね!

またしても“極上のひととき”を過ごされたのですね。いいなあ。

おはようございます。ありがとうございます。
えっ! そうなんですかあ〜。洋介さんが釣り好きだとは聞いていましたが、檜原湖に来てるとは知りませんでした〜。残念ながら今、怪我しちゃってますよね。早く治ってまたいらっしゃってほしいものです。

カメラ、頑張ってるようですね〜。お邪魔したいと思いますが、なかなか、、、 すみません。
僕もカメラを使いこなせていません、、、
ゆっくり時間をかけて、やるしかないのでしょうね。
満点のカメラってなかなかないものですよね。僕も今回のような場面ではウォータープルーフのデジカメが欲しいです!! アンカーの件、ありがとうございます。
そうなんですか、布バケツで、、、? 中に石を入れて重しにするのでしょうか??

mattoshiさんの裏磐梯を愛する気持ちが伝わってくるブログが今日は一段と強く感じました。

私もmattoshiさんに負けないくらい?に裏磐梯が好きでそれを残したくて写真を撮っているのですが、最近観光客の増加によるマナーの悪さが目立ちますね・・・(>_<)

特に春先なんかは穴釣りの人が残していったごみですかね?
沢山道路わきにあるのを見るとがっかりします。

本来アウトドアが好きな人はごみを捨てないものだと私は思っていたのですがブームでアウトドアをしていた人はそういうところ分からないんでしょうね(>_<)

おばんかたです。
相変わらず頑張ってますなぁ。
桧原はタイミングがいいと江口洋介に遭えるとか。
駅前ののっぽビルにベースがあると聞きます。
ちなみに、一番上が西やんですぐ下がエグッチャン
らしいです。
アンカーの件
布バケツアンカーというてもあり。
がさばらなくていい。

追伸
カメラ来たので早速出向いてと行きたい所ですが
休みとなると天気が崩れ今の所足止め食らっていて
ままならず。とほほです。
カメラは大分馴れてきました。
う~~~~ん。
マニアル以外はいまいちかな。
ニコンらしからず。
ちょっと期待しすぎっだったかもです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009郡山市まちなか子ども夢駅伝競争大会〜男子の部 | トップページ | 初カヌー 夏風さわぐ 水面かな、、、 »