最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« 桧原湖に、響く笑いと、輝く水面(みなも)、湖畔の幸せ、ここに極まれり、、、 | トップページ | やっぱり、、、の裏磐梯スカイバレーヒルクライム2009  »

2009年8月 4日 (火)

初スカバレ、、、脚がない、後がない、、、こりゃやばい。

久々に、自転車の事が書ける。まったくこの二ヶ月間 ほとんど乗れていないのだから、まずい事この上ない。そして、大好きなスカイバレ〜に今年は一度も登っていない。近年にない事である。
遅いながらも、毎年 五月には登り始めていたのに、今年はもう8月だ、来月はもうヒルクライムレースであるのに、まじめに危機感 である。

P1190529

お昼近くに自宅を出発し、一路 裏磐梯を目指す。
雲は多めながら、久々に青空も見える天気。気温も30℃ちかい。湿度が高いので、ムシムシするが、車のエアコンは有り難いものだ。快適に進む。

P1190430

P1190429


P1190442


本日の猪苗代湖と磐梯山。夏空がすばらしき眺めである。

あちこちに積乱雲が立ち上っている。  夏空。大好きである!見ていて、全然飽きない、、、
青い空、白い入道雲、木々の緑も濃く、暑く濃密な空気が体にべったりとからみ付く。この感じがいい。最高である。今年はエルニーニョのせいで、太平洋高気圧の力が弱く、梅雨が明けず、大雨ばっかし降っている。まったくもってイヤになるのは僕だけじゃないだろう。早く太平洋高気圧様が大きく張り出し、シベリア高気圧はずーーーっと奥に引っ込んでほしいものだ。


P1190463


さて、いつものように、裏磐梯国民休暇村多目的広場前駐車場に車を停める。 サイクルジャージに着替え、そこからスタートである。

P1190486


空には崩れかけの積乱雲が。 まあ、この明るさがあれば雨は降らないだろう、、、


P1190490


準備をしてる間の一コマ。東都バスの新旧?ツーショット。

P1190492


こちらはカラーリング違い。

バスの写真を撮ってるほど、走り出した後の僕には余裕がなかった、、、
桧原湖周回路はまだOKだったが、早稲沢からの本格的な登りに入ると、キツい事この上ない、、、 そりゃそうなのは充分予想していたが、予想をはるかに上回る過酷さである。
なんとかNSP(Nonstop Power Play) で登りたいとは思っていたが、こりゃ、絶対に無理だ、、、と自分の中で思い始めた。
スカイバレーは最初に少し急峻な登りがあり、その後多少緩くなるが、またキツい登りが続く。
通称”七曲り”と呼ばれる区間である。
最初から、ギアをインナーに入れ漕ぎ続ける。昨年はしばらくはアウターでいけたのだが、今の僕にはそんな余裕がまったくない。 ゆっくりでいいからとにかく漕ぎ続けろ、、、と自分に言い聞かせる。 自分なりに分析しながら走ると、呼吸は比較的楽なのだが、脚にまったく余裕がないのが分かる。ダンシングしたくてもとてもそんな事は出来そうもない。もし、したら脚はすぐにその歩みを止めてしまいそうである。 今日はとにかくノンストップを心がけて登ろう。


何度も何度も、誘惑が襲いかかる、、、 無理しないで休もう。 脱水症状になっちゃうよ〜、
ここまでがんばったら充分だよ、 様々に話しかけて来る。 サイクルコンピューターのトリップ計の進み方が壊れているんじゃないかと思うほど遅い。 時速はどんどん遅くなり、止まりそうになりながら、かろうじて前に進む。時速は5㌔まで落ちた、、、


息はまだ余裕がある、というか、一般的にはこれだけ遅いのだから息が乱れる事はないのかもしれない。脚は確実にその力を失いつつあり、ヘロヘロ走り。ハンドルの握りをブラケットにしたり、アップにしたり何度も何度も切り替える。背筋を使ったり、引き脚を使ったり、視線をあげたり、下げたり、色んな事を試みながら走り続ける。汗が顔からフレームに滴り落ちる。
走りながら写真なぞ撮る余裕はまったくないのであるから、この章に写真はない。

七曲りを過ぎる、、、 もう完全に脚が残っていない。 トリップ計は13㌔を過ぎた。ここまで来て脚をついたら、今までの苦労は意味を持たなくなる。 実際には脚をついちゃってもなんちゃないのだが、(かえって少し休めば、脚も楽になり逆にペースは上がるだろう。) しかし、意地が出て絶対に休まない! と気持ちをあらたにする。
ヘロヘロ走りながらツールの登りのシーンを思い浮かべる、、、 すごいなあ〜 あの人たちは何者だろう。なんであんなにすごいのだろう、、、(それは練習してるからである。) ちびまる子ちゃんのキートン山田が冷たく僕に言い放つ。 まったくその通りなのだが、、、

勾配が少し緩くなった。ここで水分補給をとる。今日の水分はマンゴーティー。 飲んでみたら、初めての体験だったが、脚が一気に楽になるのを感じた。もしかすると、ハンガーノックだったのか。いや、出発直前におにぎりとコロッケパンを食べたからそんなはずはない、、、 と思うのだがどうなのだろう? 糖分が脚に急速に力を与えたのか? それとも、心理的に余裕が生まれたのか? 


ヘロヘロ走りの末、なんとかノンストップでゴールをする事が出来た、、、
しかし、脚よりもお尻の痛さが。もう自転車から降りるのもやっとである。降りても脚を屈伸しようとすると激痛が走る。 僕は走れなかったんだから、激痛も走んなよ! などと訳が分からん事をうそぶきながら、頂上で休憩。

P1190498


天元台方面を望む。


P1190509


ここまで連れてきてくれて、ありがとう。

P1190500


P1190516


アルミボトルは高校時代にランドナーに乗せて使っていたもの、、、


雲行きが怪しいので、イソイソと下る事にする。しかし、お尻、正確に言えば、太もも付け根部分の痛さは半端じゃない。もう歩いて帰りたいほどだが、そう言うわけにもいかないので、気合いで走る。下りに入ると、スタンディングである、、、
 

P1190522


帰りは写真を撮りながら帰る事とする。 いつものお決まり写真、桧原湖を見下ろす。

P1190529


雲と自転車

P1190539


夏草と入道雲、どちらも勢いがいい、、、


P1190541_2


久々に見る風景にしばし見とれる。


P1190547


慎重に下る、ブランクが長く乗り方を忘れてる。下りが怖い。こんないままで事なかったのに。

あっという間に早稲沢到着。皮肉な事に体重が増えた分、登りはキツいが、下りの際の慣性加速度が際立って早くなってる気がする。まいったなあ〜。

早稲沢から桧原湖を見ながら走る。ちょうど雲が切れ、明るい湖の姿が、、、


P1190551


入道雲が湖面に写り、美しい桧原湖。


写真を撮ってると、ウィーーーン〜 とタイヤの唸り音が聞こえる。見ると三人組の若者がレンタルMTBでかっとんで行った。 僕もふたたび走り始めると彼等を抜くには時間がかからなかった、、、 一旦無言で抜く。しかし、その先にある、いつもの湧き水で休憩していたら彼等もやってきた。 「こんちは! どこまで行くの?」 と声をかけると、 
「こたかもりです、、、」 
「一周してきたの? 」 
「はい、目測を誤っちゃって、、、 あとどんくらいありますか?」
「う〜ん、あと10㌔くらいかな〜?」
しばしお話しして、彼等と別れた、、、僕はまた止まって写真撮影。

P1190557


がんばれ、若人たち!

ここで、問題発生! ”こたかもり”の場所を勘違いした僕はすぐそこにある”こたかもり”
を10㌔先かな〜? などと言ってしまった、、、若人たちごめんなのだ!


P1190562


雲が切れ、その雄大な姿を現した裏磐梯。

P1190565


鏡に映る雲、、、 という感じ。

P1190566


親子でバス釣り。女の子もいる。こんちは〜、釣れましたか〜? 小さい奴を少し〜。


僕はこういう親子が好きである。女の子はこういう風に育ってほしいな〜 と女の子がいない僕の理想の娘がここにいた、、、 お父さんはきっと小さな頃からアウトドアに親しんで育てたであろう事は想像に難くない。

P1190569


それでは桧原湖の美しさをしばしご堪能あれ。


P1190582


P1190573


船が行き交うので、航跡波が美しい紋様となる。

P1190576


P1190581


足元の岸辺には ざざー ざざー と航跡波が打ち寄せる。


P1190583_2


なかなか幻想的な風景である。


P1190587


次のポイントへ向けて疾走するバスボート。

P1190593


裏磐梯よ、今日も一日ありがとう、、、

P1190597


ファンカのもとに無事到着。

P1190616


帰りに、もりのくまさんと一緒になった。 入道雲とボンネットバスの写真を撮りたかった僕は一生懸命、撮影に励む。 運転しながらなので、危険であったが、今回の一押しショットがこれ!  くまさん、今年もがんばってくださいね!

  


P1190629

脚はヘロヘロ。お尻が痛い、完全に鈍化してしまっている僕、、、
ちゃりけんさんも、kojiさんも、ピナ男さんも、Hideさんも、マツさんも、Pontsukoさんも、141さんも、キャサリンさんも、ENDRESSのみなさんも、、、みんなみんな偉いです! こうして、自戒の念に駆られながら、そしてみんなを尊敬しながら帰途についたのであった。


自転車、乗ろう!

P1190596


« 桧原湖に、響く笑いと、輝く水面(みなも)、湖畔の幸せ、ここに極まれり、、、 | トップページ | やっぱり、、、の裏磐梯スカイバレーヒルクライム2009  »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ちゃりけんさんへ
おかえりなさああい!!そして、お疲れさまでした〜!! 読んでましたよ〜。なんだか素晴らしいなあ〜。しまなみ、いいんでしょうね〜。うらやましいなあ〜、、、僕も高速1000円のうちに行ってみたい場所、BEST5に入ります。また、今回もたくさんの出逢いがあり、たくさんの笑顔と、たくさんの美味しいお酒が呑めたんでしょうね。羨ましいな〜

僕の夏休みは、何とはなしに終わりました、、、 記事書き上げるまで、今暫し、お時間を下さいませ〜〜〜。
休み疲れ?いやいや、仕事上の不潔な疲労が抜けないmattoshiでした〜〜

てるてるぼうずさんへ
こんばんは〜、返信が遅くなってしまい、すみません。
marunouchiさんをお訪ねいただいたのですね。ありがとうございます。とってもいい写真を撮られますよね。僕も参考にさせていただいてますよ。
Nikon党の方どうし、話が合いそうですね〜。ちなみに、僕は元々、Canon党です。
ハハハ〜〜 また、ここから交際の輪、広がるといいですね〜。

ただいま~~
旅から帰ってきました。
とびしま~しまなみ、あと淡路島がよかったです。
マットシさんはどんな夏休みでしたか?記事期待してます。

今日はわざわざ有難うございました。
マルノウチさんのブログ拝見しました。
すごいですね。
カメラはニコン
やっぱり、ニコンはいい。
カメラは暫くご無沙汰してたので
勘を取り戻すまで暫くはP90で頑張りますが
ああ、一眼が欲しくなってきた。
マットシさんはさすが、友人にすごい人たちがいますね。
がんばろう。
まずは、お礼まで。

ピナ男さんへ
こんばんは〜! この間のBBQ、愉しそうでしたね〜! 毎回、仕事で行けず、、、悲しい限りです。トホホcrying

ピナ男さん、前3だったんですよね〜。
正直、羨ましいですよ〜。僕もスズメバチの方が楽かな〜 と、マジで出場クラスの変更を考えてしまいました、、、 

ヘロヘロの走りで、まず、今年はダメっぽいですね〜。出来るだけ頑張って鍛えるようにしたいと思いますが、ちょっと自信がありません。 脚がツラないように、止まらないように、完走出来るように、、、
頑張ってみたいと思います。悪魔の誘惑に負けないように、、、coldsweats01
お互い頑張りましょう〜。

ノンストップで登頂でしたか。
スバラシー。

私も5km/hぐらいかな?
ただ、今年は貧脚の友、前3があります。
なんとか足をつかず登りたいのですが。
なにしろ悪魔の誘惑には滅法弱くて。

てるてるぼうずさんへ
おはようございます。
あらら〜、帰っちゃったんですか? 寂しいですね。ジジの心にはぽっかり穴があいたのでしょうね。
気ままなおチビちゃんとジジの様子、微笑ましい限りです。
また11月が楽しみですね〜 それまでの我慢ですよ〜 ジジ! wink

いつもコメント有難うございます。
折角カードも作ったのに
昨夜、明日帰ると言い、また11月来るから。
バイバイと言って本日帰って行きました。
出来る事なら花火も見せてやりたかったが
20日が限度のようです。

マツさんへ
ありがとうございます! 乗り物シリーズをひそかに楽しみにしていただいてるとは、、、嬉しい限りです。もっともっと取材してもいいのですが、テーマがアウトドアなので、どうかな〜〜あ、と二の足を踏んでいる部分です。でも、少しづつ、こういうコーナーも増やして行きたいと思います。宜しくお願いいたします。
わかります!わかります! ロードバイクのギアの重さ、、、これ、なんなのでしょうか? スカバレに登るのに、僕は、スズメバチで登っても、ギンヤンマで登ってもほとんどタイム差が出ません、、、 これじゃ何のためのロードなんだか意味が分かりませんね〜。

自分を追い込むだけ追い込んで、頑張れるだけ頑張ります、、、今年はスカバレヒルで御逢いしましょうね!! 昨日はロードも前3にすればよかったかな〜? と考えながら登っていました トホホ、、、情けなか〜〜〜 

ちゃりけんさんへ
こんばんは〜。焼きそば、旨そうでしたね〜。 お疲れさまでした。しかし、みなさんのパワー、スゴすぎです、、、

さて、お手柔らかに? 何をおっしゃいますか〜? まったくもってちゃりけんさんたちには歯が立たない僕なのであり、完走、そして願わくば、少しでもいいタイムが出せればいいのであります、あとはなるべく、さりげなく目立って、またVTRに映るように、、、ちゃりけんさんみたいにインタビューされる事を狙いたいと思ったりして、、、
とにもかくにも、鈍りきり、ただの小太りに成り下がった僕には、遠い道程が待ってるようです。

下り得意だったんですが、落車が怖くて思い切ったコーナーリングが出来なかったです。これまた感を取り戻さないといけません、、、加速度ならちゃりけんさんにも、たぶん、誰にも負けないと思います!!はっはっは〜!

ja2416さんへ
コメントありがとうございます。
湖上のボートは、いい感じのご家族ですよね〜。最近、女の子が欲しい僕は、羨ましくて仕方がない光景です。スカートはいて、しゃなりしゃなりと歩き、暑いのイヤだ、寒いのイヤだ、虫はイヤだ、、、ではいけません。女の子もあああってほしいものだと、強く強く思います。
ja2416さんのご家族も アウトドア好きなんですね!すごーく素敵です! それじゃあ、ぜひ裏磐梯で遊んでみては、、、。
いいですよ〜、裏磐梯は!
釣り、僕も久々にしてみようかな? と思い始めました、、、
写真、思いつきで撮ってますから、まだまだです。お褒めの言葉、ありがとうございます。お言葉を励みに、これからも精進したいと思います。

marunouchiさんへ
先日は愉しい時間をありがとうございました。写真はフレームに入れて飾らせていただきます!
バスでの居酒屋状態移動、お疲れさまです。
疲れるでしょうけど、羨ましい移動ですね〜
大洗のお寿司がめっちゃ旨そうですね。

僕はさぼっていた自転車を開始したわけですが、まあ、ふか〜〜い谷におっこっちゃったような状態なので、ちーっと頑張らんといかんようです。
カヌーもしたいし、自転車も乗りたいし、時間が(休みが)たくさん欲しいです。


kojiさんへ
こんばんは〜! いつもいつも早くからのコメント、ありがとうございます! マジで嬉しいです!(僕は遅いのに、、、すみません)

ノンストップ、kojiさんなら、僕なんかより、ず〜〜〜〜っっと早く登れると思いますよ! もう僕は走ってんだか歩ってんだか、止まってんだか、わからないんですもん。
いつか、一緒に登ってみたいですね!
というか、一度御逢いしたいですね。 
ははは、これからは頑張って僕なりに、脚を創っていきたいと思います。 でもサボってた分、道程は遠いです、、、

私もMTBで山の中で遊んでばかりいて、かなり久しぶりにロードに乗ったら、
重いギアを踏めなくなっており、マットシさんと同じような思いをしました(^^;)
スカイバレーも申し込んでしまったし・・・ひじょうにマズイ。。
そうそう、今回もいい写真がいっぱいですね!もりのくまさんもいいなぁ。
何気に私はマットシさんの乗り物シリーズも好きです(^^)

マットシさんの庭みたいな裏磐梯!来月のヒルクライム、負けないように頑張りますのでお手柔らかにお願いします。
オイラも下りは速いです。伊達に体脂肪蓄えているわけじゃないです。下りで逃げるためです。でも、日本には下りのレースなんてないですよね。トホホ。

きれいな写真の数々。心が洗われました。
ボート上の親子の姿、いいですね。うちの家族も魚釣りは好きな方なので、あんなふうにボートに乗って行ってみたくなりました。

先日はお世話になりましたm(_ _)m

すごいですね休まずに登りきったのですか!
私はバスの乗っているだけでも疲れてしまいました(>_<)

飲んでるからなんですけどね・・・。

ブランクはあったにしろ、ノンストップで登り切ってしまうところが“mattoshiさん”です。スカイバレーは車で走るところと決めているわたしには、決して真似の出来なことです。
桧原湖・裏磐梯・夏雲・ボンネットバス・・・どれも素敵な夏の写真です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桧原湖に、響く笑いと、輝く水面(みなも)、湖畔の幸せ、ここに極まれり、、、 | トップページ | やっぱり、、、の裏磐梯スカイバレーヒルクライム2009  »