最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« スズメバチ スカイライン雪の回廊を登りて。 | トップページ | 開成山復活!! 来れ、楽天、巨人! »

2010年4月20日 (火)

すごーく久しぶりなインドア遊び。

少し前の話だが、、、自室に何か潤いが欲しくって、色々と考えてみた、、、
結果、模型という選択が浮かび上がってきた。たしかに今の世の中、フィギュアとか自動車やオートバイなどの精密模型が人気である。
僕はフィギュアにはあまり興味がないので、(でも綾波レイは好きではあるが、、、)模型にしようと思ったのである。


Honda_nxr

いろいろ考えてみたが、昔からジオラマ好きな僕は、高校時代以来のジオラマを作ろうと決心した。
題材は昔、オートバイ乗りだった頃、憧れてやまなかったパリダカールラリー。
大好きなホンダのワークスマシン、NXR750を作る事にした。実は先日、とあるリサイクルショップでNXRのプラモデルが売っているのを発見しており、買うか買うまいか迷っていたので、思い切って買う事にした。思い切ってと言うのは大袈裟かもしれないが、実際、プラモデルを作るとなったら、塗料やら筆やら何やら色々な備品のインフラ整備も必要であるので、結構な出費になるからだ。

結果。一万円近い出費になったが、久々にいろんなものを買ってきた、、、
その日から、部屋にこもりじんわりじんわりと制作開始。
しかし、途中で重大な欠陥に気づいた、、、 問題となったのは付属しているデカール、、、 古いプラモデルなんて今まで作った事がなかったので分からなかったが、デカールを水につけて紙から剥離させる瞬間、シールは細かく砕けてバラバラになってしまう、、、よく見てみたら、デカールはすべて劣化しており、表面に細かいクラック(ヒビ)が無数に入っている。
というわけで、ボディに入るラインを手書きでごまかす、、、ごまかせたものではないので、とてもひどい仕上がりになってしまったのだが、、、


P1230425

完成したジオラマ、、、砂地に佇む傷だらけのラリーマシン HONDA NXR。


P1230416


Neveuvonvorn


ジオラマのベース(台)をどうやって作ろうか、考えに考えた、、、
最初はプラスティックのケースも考え、DAISOに行って色々と見てみたが、これといっていいものがない。個人的にはホコリを避けるためにプラスティックケースに入れてしまうと模型の迫力が半減してしまう気がして好きではないので、何か別の展示方法を模索した。
結果、杉の平板に紙粘土で岩をイメージした立ち上げを作り、塗装してみたところ殊の外雰囲気がいい。 杉の平板の表面にはコルクに着色した別の板を接着した。着色されたコルクは荒れた地面をイメージし、なかなかの感じだった、、、が、やはりパリダカといったら砂の大地、、、サハラ砂漠を越していくオートバイの雰囲気が欲しいので、砂を入れる事にした。しかし普通の砂では粒が大きすぎてタイヤとのスケール感が合わないため、いろいろ検討し、硅砂という目が細かい砂を用いてみた。
これがバッチリ。細かい砂漠の砂をイメージしてくれていい仕上がりである。

P1230405


Neuveunxr7


P1230418


ウェザリングと言って、わざわざ傷つけたり汚したり、、、実際のマシンを再現してみた。


デカールが全滅なので、スポンサータイトルが入れられないのが致命的であるが、まあ、雰囲気だけは整った、、、
そしてその後、ヤフオクにてまたNXRのプラモを買ってしまった。今度はデカールが後付けのものが付属しているので安心だ。しかし、そっちはまだ手つかずの状態、、、老後の楽しみにとっておくか。
て、考えているうちにまたデカールがダメになったりしちゃったら、、、 うんあり得る。早めに作ろう。


N_3

P1230415


P1030690


パリだかに憧れていた大学時代、大学の近くの河原のダートを100キロ以上のスピードで走り回っていた。


P1030711


時が移ろい‥‥‥


P1030710


時代が変わっても‥‥‥‥


P1030712


旅したい気持ちは、あの頃のまま。


そんな気持ちを部屋の中に飾っておきたい、、、


P1230408


少し潤いが出た、、、かな?


自転車のプラモデルなんてものはないのかな? あっ昔のサイクリング車、あのデコレーションされたウィンカーとかがついてたやつ、、、のはあったなあ〜。


P1230429


DAISOにてこんなものを見つけた、、、なかなか風情があってよろしいかと。

« スズメバチ スカイライン雪の回廊を登りて。 | トップページ | 開成山復活!! 来れ、楽天、巨人! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kojiさんへ

お褒めいただきありがとうございます。写真というのは都合良く映ってくれるものなのです、、、ハハハ
でも、こういうのがあると、ちょっと嬉しくなってしまうのです。粘土での岩作りは、我ながらナイスアイデアだと思いました。
そうそう、お尋ねの件、スタンドが右側に付いているのです。最後からに番目の写真胃はちょうど映っていませんが、上から5枚目の写真にはスタンドが写っていますよ〜。


“mattoshiさん”これはとっても高得点です!
紙粘土の岩がいい感じだし、“ウェザリング”もすごくリアルです。どうみても素人ではないですね。一つ教えて、これってどうして立ってるの?

コメありがとうございます。いやいや、、、全然まだまだです。
記事もちょっと強引にまとめましたが、ラリーの情景、、、旅情や砂漠の風情が”男のロマン”をそそります。
そのうちなにかまた作ってみたいと思います!

すご~い(*^_^*)

アウトドアだけでなくインドアの達人ですね\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズメバチ スカイライン雪の回廊を登りて。 | トップページ | 開成山復活!! 来れ、楽天、巨人! »