最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« CYCLING IN TOKYO 1 | トップページ | 漕ぎだしはいつも、、、晴れ? »

2010年5月24日 (月)

CYCLING IN TOKYO 2

さて、前回は六本木まで行ったところまでであったが、今回はその後のお話である。


P1240190

これ、ご存知の方も多いと思うが、ベロタクシーという立派なタクシーである。東京のほか京都などでも営業が認可され、営業しているまったくのノーエミッションビークルである。元はアメリカなどで生まれたものだが、二番だろうか三番だろうが、こういうのはどんどん真似をすべきである!!

日本には、推定8500万台の自転車があると言われている。(登録制度がないのであくまでも推定)その中でいわゆるママチャリと呼ばれる婦人車、およびサイクル実用車の登録が最も多いのだろうが、あまりにも気軽に乗れるので、マナーや法整備およびその遵守についての興味自体を警察自体が失っている事がこの国の自転車の実情である。そんな中でこういった新しい公共的な自転車が現れるのは、ある意味車道を我が者顔で走り、自転車なんて邪魔だから歩道にスッコンでな!と言った何も分ちゃいないドライバーへの啓蒙へもつながり、また、一般市民がベロタクシー乗った時の静粛性、そしてゆっくりと眺める街並への新たなる発見に自転車への思いも変わる。そして、そして、、、な〜んて勝手に妄想してたりする僕なのである。

さて、このベロタクシーと我ら一行が遭遇した、、、
さすがにベロタクシーの速度はゆっくりとしており、我々とはペースが違うので、、、失礼〜ということで、、、


どうでしょう、実際に走っているとこんな感じでかなり気を使いながらの走行となるのだ。ベロタクシーを抜いても、歩行者、自動車、対向してくる自転車、これらと折り合いを付けながら走るのであるから、なかなかどうして、疲れるもの。


車の交通量が多いと歩道にあがったり、はたまた歩道に人が多いと車道に出たり、判断判断が求められる東京道、、、さてさて、お次のスポットは、、、

P1240197


青空をバックにしたこの場所、、、  さ〜て、分かるかな〜??

P1240199


つながってる、つながってる。


P1240200


これでもうわかっちゃったね〜。

P1240201


そう、答えは??


P1240188


”日本第二位”の高さを誇る! 正式名称 日本電波塔 通称 東京タワー。 
東京タワーについては、ここをクリック http://ja.wikipedia.org/wiki/東京タワー


P1240194


芝 増上寺内にある茶店にて休憩。お店に食べ物をオーダーしたところ、あまりにもひどい対応、、、
混んでる状況とはいえ、客に対する口の聞き方ではない! ということで、ここでの休憩は取りやめ!
ほかにも怒っていた人は数人いた様子、、、改めたほうがいいと思うぞな。芝の茶屋さん。

P1240206


茶屋のすぐ表に、ちいさくってかわいいお地蔵さんがたくさん。風車がカラフルできれいだった。


東京の道は走りやすい場所とそうでない場所がはっきりしている。危ない場所はこんなにも交通量が多く、、、気が抜けないのである。走ってくるママチャリ、、、慣れてる感じだが怖いなあ〜。


さてさて我々一行は、芝公園 東京タワーを後にして、天門通りを竹芝方面へ、、、
この辺りで祐太郎の疲労もかなり来ているので(さっき茶屋で休めなかったし。)ゆりかもめ 竹芝駅のそばにあるampmにて御休息〜

P1240217


コンビニと言えば、我々はまずは7/11を真っ先に思い浮かべるのだが、東京都心では7/11は少数派。
ampmやサンクスが多いのである。 

P1240218


竹芝の一こま。高架を走ってきたのがゆりかもめ。無人運転の都市ライナー。近未来の乗り物。
そして、映っているビル二つ。なんとなく似ている気がするのだが。

飲み物で喉を潤し、息を吹き返した彼らを率いて、自転車は浜離宮の傍を駆け抜ける。わずか400メートルほどで到着したのは、汐留再開発地区。ここには多くの高層ビルが建ち並び、完全に副都心の一つの機能を有した街になっている。ここでまた急遽寄り道決定! 目指すは、4チャンネル、日本テレビである。

P1240223


汐留に立ち並ぶ高層ビル群。数年前までは汐留は貨物の操車場であった。再開発のため今は跡形もなく、ただビル風があたりを吹き抜ける。

P1240227


歩道橋を渡り、日テレに向かう。ヒルクライマー祐太郎は果敢にチャレンジ〜♫


P1240228


が、あえなく撃沈! 笑


P1240229


これが日テレ本社社屋である!! すごっ!


P1240243


見上げてみれば、、、うわ〜お!


P1240230


ここが、我が家で毎朝見ている、ズームインスーパーのマイスタ前広場である。 


巨大なオブジェは、宮崎駿監督がデザインしたからくり時計なのである。


偶然にも動いている現場に遭遇したので慌てて撮った動画である、、、からしてポジションや手ぶれについては平にご容赦を、、、 詳しく見たい方は他の動画をどうぞ、、、


P1240238


日テレにて、買い物を少々。連休だからやはり凄い人の数、、、早々に退散〜


汐留から新橋、銀座と一行は進む。折しも銀座、中央通りは歩行者天国、、、自転車ももちろん車両ゆえ、走れない。そのため裏通りへと迂回して進む。それでも人が多いので、自転車を降りる事しばしば。

銀座を急いで抜け、今度は日本橋へと行ってみた。ここはある意味、日本の道路の中心点。
よく、道路の看板に東京◯◯◯km と書いてあるが、実はその距離は東京のここ、日本橋までの距離を指すのだそうだ。だから日本の道路の中心点とも言えるわけである。


P1240400


日本の道路中心点にてほくそ笑む? 2人。

しかし、銀座での人ごみ掻き分け運行がたたって、2人の疲労はかなりのレベルに達しているようだ。祐太郎からは、「秋葉原までまだ〜ぁ?」とのフレーズが出始め、それが「まだ〜〜ぁ〜〜?」になり、そして「まあ〜〜〜だぁ〜〜〜〜〜〜〜あ???」になった。

P1240404


日本橋三越本店のライオン前 信号待ちで ぼ〜〜〜〜おっ とする2人。おいおい目が死んでるぞ〜、、、祐太郎の目線はヤンキーのガン付けか!、、、

日本橋まで来れば、秋葉原までは1キロちょっと、、、最後のひとっ走り。この最後の区間がなかなか辛い。疲労困憊の2人を引きずっていくような気分でペダルを漕ぐ。がんばれがんばれ、、、

P1240406


祐太郎の影法師がだんだん伸びてきた、、、祐太郎の身長はなかなか伸びてこないのだが•••

P1240259


神田駅のガード下をくぐり、須田町交差点まで来た時、、、目の前に中央線が走り、電気屋のビルが見えてきた。ゴールは目前!!


中央線をくぐれば、万世橋。橋を渡れば、秋葉原である。へろへろになりながら辿り着いた感じだったが、祐太郎はお目当てのヨドバシに近づいたので、急速充電されたのか、急に元気になった。秋葉原では不思議な電磁波が出ているのかもしれない。


P1240262


秋葉原〜 秋葉原〜  と、やっと到着である。 しかし、この人の数は、、、歩道から人が溢れ出ている。こうなると自転車での移動は完全に無理であり、歩道を押し歩く事も出来ない、、、
昔昔、郡山のメインストリートである”うすい通り”がまだ人々でごった返していた時代、自転車で人ごみの中をブレーキドリフトをさせながら駆け抜けていた僕であったが、さすがにここでは手も足も出ない、、、メイドさんがいっぱいいて、少しドキドキした僕なのであった。

歩道の端に自転車たちを休ませて、ヨドバシカメラ秋葉原店に向かう。凄い人、、、
異様なほどに巨大なる店構え。中に入ってみたらもう何がなんだか分からない広さと商品の多さに、一挙に疲れ果て、祐太郎の目指す”おもちゃ売り場”へ直行する。お目当ては今子どもたちの間で大人気の”ベイブレードなる駒、、、まあ、言ってみれば”近未来型べいごま”とでも言うのだろうか。
レアものが欲しい!と急ぎ足でやってきた祐太郎、売り場の前で呆然、、、ほとんど商品がない。
売り切れ状態なのである。 出発数日前に、我が家に遊びにきた”グードック”くんの言葉が甦る。「祐くん、そういうのは東京のほうがないよ。 かえって田舎の小さなおもちゃ屋さんのほうが”穴場”だよ〜」 まさにその通り!! 子どもたちは次から次にやってくるが、皆落胆して帰っていく。
うちの坊主も落胆の色が隠せない、、、今までの苦労は何だったのか。とその場に崩れ落ちはしなかったが、どうしていいか分からない様子。仕方がないので近代版ヨーヨーと近未来型べいごまの余っていたのを一個買ってやった、、、

おもちゃ売り場と同じフロアに自転車売り場があった。置いてあったのはママチャリなどの実用車が多かったが、やはり東京。自転車を買ってエレベーターで持ち帰る人が結構いた。電動アシスト付きを買ったそのうちの一人とエレベーターに乗り合わせたが、エレベーターを降り、店の外に出たらそのまま乗って帰っていった、、、なんだか少し不思議な光景だった。

ここ秋葉原で、ベーブレードがほとんどなかった事でついに事切れてしまったか、祐太郎のカラータイマーは点滅を始め、奥もここから駐車場まではもう走りたくない、、、という。たしかに僕も彼らを引きながら、駐車場まで走るのは気が重かった、、、 一瞬、僕も四谷にあるエスティマまで中央線で行き、(神田から中央線で直行できるので、、、)車でまた戻ってこようかと思ったりしたが、やはりそれでは悔いが残るので、奥と祐太郎には神田駅そばのカフェで休んでもらい、僕だけ単独で駐車場のある四谷まで戻る事にした。
せっかくなのでビデオカメラを小脇に抱え、撮影しながら走った。

神田から大手町→日比谷→桜田門→永田町→赤坂見附→紀尾井町→麹町→市ヶ谷、、、で道に迷う。
うっかり、市ヶ谷と四谷がごっちゃになって、市ヶ谷で駐車場を探す、、、がイメージした場所に駐車場がなく、しばしウロウロと彷徨う。ハッと間違いに気づき、慌ててとなり駅の四谷に向かう。無事駐車場に到着。飛ばしてきたので喉が渇く、、、


P1240153


この写真は午前中に撮影したものだが、赤坂プリンスホテルである。なんと、来年で閉鎖がきまっており、この建物は取り壊されると言う、、、スクラップ&ビルドが激しい東京、、、建物はまだまだ使える気がするのだが、稼働率が低いまま残すよりは赤坂と言う立地条件であれば、新しい箱ものに切り替えたほうが経済効率がいいのだろうなあ、、、 田舎者の僕にはとてつもなくもったいなく思うのだが、、、


P1240265


クーラーバックの中でこの時を待ってましたっ! とばかりに冷えきっていた”FREE”を開ける。
美味っ!!!!


路上にいらっしゃる国会議事堂の警備をされているおまわりさんを脇目に呑みながら、あ、いやいや飲みながらエスティマは一路神田へ向かう。


P1240266


道は空いていて走りやすい。西日がビルのガラスにあたってピカピカきれいである。


P1240409


無事、自転車をすべて積載終了!! さあ、ちょっと寄り道しながらのんびり帰るべ〜

P1240276


下町界隈をのんびりと流しながら、、、 しかし、こいつは一体?


P1240270


ここは隅田川と神田川の合流地点そばにある柳橋と言う小さな橋。 たもとに、小松屋と言うちいさな船宿屋があり、そこに生える柳がなんとも風情があり好きな場所である。


P1240273


暮れ行く神田川に浮かぶ屋形船、、、なんともいいのである。

P1240412

こんな下町の雰囲気が好きで、こういう風景を見てると ああ、このまま東京に住んでしまいたいなあ〜と不思議なくらい懐かしいような変な気になってしまう。きっと前世は東京に住んでいたのだろうか?


下町界隈を眺めながら当て所もなく彷徨い、最後はここで締める事にした。

P1240295


なぜ、屋根に登るのか?? やはり背が小さい事に対するコンプレックスから潜在的に、少しでも高い場所に行って張合いたい気持ちになるのだろうか、、、、、


P1240289


P1240293


この時のタワーの高さ、368m。すごいのだなあ〜、、、いよっ日本一っ 〜!!

あっちこっち寄り道しながら走っていたら、日が暮れてきた。

ちょうどこの場所で、、、


P1240309


日が暮れる里、、、

お後が宜しいようで、、、


P1240314


隅田川を渡り、首都高を目指す、、、


P1240323


首都高6号線からの眺め(撮影者 祐太郎)下手〜  ここから眺める東京の夜景はいつも僕の心を寂しい気持ちにするのである。さよなら、東京よ。また来るかんな〜、、、次はあれでな、、、


                                     -終-

« CYCLING IN TOKYO 1 | トップページ | 漕ぎだしはいつも、、、晴れ? »

自転車」カテゴリの記事

コメント

裏磐梯でのミッションの合言葉は「結婚式」ですね~。
あらかじめ、この日にしましょうというのがなかなか難しいです。気流の良しあし、モグラの空き状況(私の独占できる順番や時間)等々・・・。もっともいい方法は、マットシさんが「今度の日曜日、裏磐梯行きます!」とお知らせいただき、私が桧原湖にアプローチするというのかな?
無理せず、気長にそのうちお会いできるのを楽しみにしております。
余談ですが、今までゴルフ場でプレー中の方を撮影しに何度かゴルフ場上空を飛んでいましが、携帯のつながりにくさや、位置の確認に手間取っていました。桧原湖とモグラの通信は携帯は厳しいので、アマチュア無線
がいいかと思っています。私のコールサインは
JH7???です。

ja2416さんへ
ごめんなさい、コメントのお返事が遅くなってしまいました、、、
先日、コメントを書いたのですが、何かのエラーにより反映されていなかったようです。本当にすみません。
 G脇さんの件、了解しました!! 本当にこれも何かの”ご縁”なのでしょうね! こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。
スカパ、 行ってみたいんですが、なかなか行く機会に恵まれません。
近い将来、お邪魔したいと強く思っております。その時にはぜひとも、素晴らしい飛行を眺めさせてください!! 
そうそう、裏磐梯でのお互いへの取材も、、、ぜひ実現させたいですね!! 当方がなかなか日曜の休みが取れず、、、なので、申し訳ないのですが、事前に裏磐梯方面への飛行日が分かれば、それに合わせて”結婚式”を行いたいと思います!!smile

マットシさま
Gワキさんに先日お会いしてまいりました。世の中せまいですね。今後ともよろしくお願いします。日曜日でお休みが取れるときは是非スカパにおこしください。タイミングが良ければ、ご案内できるかと思います。7月の日曜日で私がスカパにいけない日は11日です。気流の良い時だとお楽しみいただけるかと思います。

ちゃりけんさんへ
おせわさまで=す。
えー! ちゃりけんさんは踏んできたのですか! あの道標を、、、
すげーっ!さすがですね〜。やっぱしさすがです。
歩道からかすかに見る事は出来てもなかなか踏む事なんかは出来たもんじゃないですよね〜。ものすご〜く朝早〜く行けば出来るでしょうけど、日中の交通量ったら凄いですもんね。 よ〜し!!僕もこん次は、!笑
現在の日本橋、首都高が上をふさいでいて、健全な状態じゃないですね。
たしか、首都高の地下化が決定してるはずでしたから、日本橋に早くお天道様を見せてあげたいものですね。

ピナ男さんへ
コメント有り難うございました!すみません、返事が遅れて、、、
ベロタクシーですが、これは決まった一定の区間しか走らないようです。
ですから坂道などは、その区間内にはあまり無いものだと思われます。
一定の区間ですから、実用性と言う点ではまだまだ、、、なのかもしれませんが、走るコースは東京でもメジャーな観光スポット周辺ですから観光客などが興味半分に乗るのでしょう。
運転手?さんは屈指のライダーなのだということを聞いた事があります。
メッセンジャーあがりなどの強者たちでしょうから、脚力の心配は無さそうですね〜。
東京観光サイクリングは、これ、なかなかおもしろいものです。どうです〜ピナ男さんも、奥様と一緒に行ってみたら。皇居周辺の道路はランナーとライダーがかなりの数、走っています。こういうのもいいですし、谷中とか上野、神田周辺、なんかも楽しそうですし、、、いろんな場所でピナ男さんお得意の!ポタリング、、、写真を撮る場所がたくさんあって、いいですよ〜。
僕たちはまた機会があれば行ってきます。あっ!でも最近、福島の峠を登ってないからそのほうが大切ですね〜 ヒルクライムやばっ! な状況です!!coldsweats01

祐太郎くんにとって最高の思い出になることでしょうね!トーキョーサイクリングってかっこいい!
でもマットシさんの写真と文章はいつもどおりで、大都会でさえフィールドにしてしまう大らかさを感じました。日本橋の起点は道路の真ん中に埋まってたでしょ?あそこ踏むのに死ぬ思いしました。

すみません。
今のコメント私でした。
ピナ男です。

良いことしましたねmattoshiさん。
こんな家族旅行は記憶に残りますよね。
祐太郎君が大人になった時、きっとこの
記憶がいろいろと役に立つことでしょう。
ところでベロタクシーは実用性あるんでしょうか?
人力なんでしょう?上り坂はどうすんでしょう?
それともバッテリー充電式?
家族での移動、たいへんお疲れ様でした。

てるてるぼうずさんへ
お世話様でーす! 先日はお邪魔出来ずすみませんでした〜、、、
そうっすか〜、フォトショップ買われたのであればきっと色々出来るのでしょうね〜。
今度お邪魔した際に見せてくださいね。てるさんも次回のPC購入時はマックを買った方がいいかもしれませんよ〜、、、いえいえ、是非ともそうなさいませ、いいですよ、Macintoshは!!

ja2416さんへ

おはようございます。コメント遅れてすみません。
そうですか〜! いいじゃないですか、可愛いですよね。
そこから自転車に目覚めちゃったりすると、、、そのうちロードバイクを積んだマークXになったりしちゃうかもしれませんね〜 自転車は何にせよ、ルーフ上に自転車を積んだ車は目立つ事この上ないくらいなので、周囲からの視線は痛いくらいですよ〜(=´Д`=)ゞ
Gさんに聞いていただければきっと何でも解決ですッ!!

こんばんは。
一応最終デザイン出来ました。
それなりに5色使いました。
印刷の紙を考えての色の選択。
本一講さんもしっかり入っていたでしょうhappy01

余談ですがホトショップ5を入手しました。
少しいたずらしてみましたがペイントショップと違って
なかなかなもんですね。
なんとなく分かったきました。
後は如何に使いこなすかですね。

TOYOTAの純正キャリアーTHULEの件、了解しました。アドバイスをありがとうございました。Gさんに聞いてみます。キャリアをつけたとして、折りたたみ式自転車はまだ許すとしても、モスグリーンの大きな前かご付きのママチャリと、ピンク色の子ども用自転車を乗っけたマークXって、笑っちゃいますね・・・。

てるさんへ
お〜!!見ましたよ。いい写真じゃあないですか〜!!
これで担ぎ手集まりますよ。きっと、、、
う〜んこうやって努力していく姿勢がほかの町会にも必要だなあ。
あれあれ? 背景には我が本一講が! う〜んやっぱしいい写真だなあ〜 笑

こんばんは。
今日は、留守してすみませんでした。
ポスターブログに貼り付けてみました
原案です。あの後いろいろパソコンで遊び
大分よくなってきたかな?
まだ時間はある。
でも、あまりいじるとなにがなんだかさっぱり分からなくなりますね。wobbly
ある程度完成したらまた貼り付けて見ます。

話は変わってマルさん素晴しい写真とって着ましたね
すごすぎです。

ja2416さんへ
いつもありがとうございます。
いえいえ、しっかりとお上りさんライダーだったと思いますよ〜。happy01 ただ、わざわざ東京まで自転車を持ってきて乗る、、、なんて概念が普通無いようですので、地モティに思えるかもしれませんが、、、笑 やってる事は田舎者そのものなんですけどね。でも”東京のひと”も自転車で街を巡ったら、思わぬ発見があって驚く事いっぱいじゃないでしょうか、、、

さてさて、キャリアーの件ですが、大丈夫だと思いますよ〜。
現在、TOYOTAの純正キャリアーはスウェーデンのキャリアーメーカー、THULEを採用しておりますが、このメーカーはキャリアーメーカーとしては世界最高峰のメーカーの一つですので、(僕自身もTHULEを愛用しております)質、品物の種類もほぼ完全です、、、
詳しくはGさんにご確認いただければ、、、と思いますよ〜。
マークXのルーフにに自転車を積載したら、う〜んオッシャレ〜、かなりかっこいいと思いますよ〜。

東京の街中を颯爽と走るご家族3人。都会の家族って感じですね。まさか東北から来てるなんて誰も思わなかったのでは?東京にすっかり溶け込んでいるご家族、素敵です。ところで、質問です。私の車はセダンタイプ(マークX)なんですが、セダンタイプ用の自転車を積めるルーフキャリアってあるんでしょうか?あったらほしいなと。。。

マツさんへ
お世話様でーす!ご無沙汰でした〜。
ありがとうございます。東京での自転車、、、なかなか面白いですね〜
たしかに交通量が多くて、、、 という点は否めませんが、でもメット被って車道をシャカリキしてる自転車も多く、自転車が車道を走るんだと言う認識をしているドライバーはあきらかに福島よりは多いと思われます。とは言っても気は抜けませんが、、、
マツさんも奥様と自転車で遊んでらしたのですか〜。さすがアクティブ夫婦ですね。いいですね。そういうの、、、我が家はまだまだですが、これからもいろんな遊びをしたいと思っております。

マットシさん、おひさしぶりです(^-^)
ご家族でTOKYOサイクリングなんていいですね〜♪
いつもと全く違う、知らない土地を自転車で走るのも、なんだかとてもワクワク、ドキドキしますよね(^^)

私も子供が生まれる前は時々妻と輪行してましたが、東京は皇居から六本木ヒルズを抜けて青山>代々木公園>新宿>神宮外苑・・・とグルっと走ってきました。福島のような環境(自転車天国?)と較べて、走りにくい所も少なくないですが、また違ったTOKYOならではの楽しさがありますね(^^)

マットシさんのようなアクティブ&アドベンシャー(?)なお父さんがいると、祐太郎くんや奥さんも色々な体験ができて本当に楽しいでしょうね!(^o^)

kojiさんへ
ありがとうございます。秋葉原、何でも揃うので皆が集まります、、、かえって田舎の小さなおもちゃ屋さんが狙いめなのですね。まあ、本人には実地でいい勉強になったと思います。
ゆっくり歴ポタなんていいですよ〜東京は。kojiさんなら自走で行っちゃいますね、きっと、、、

何でも揃う秋葉原なのですが、祐太郎くんはお望みのモノが手に入らず残念なことでした。東京を自転車っていいですね。今回も楽しませていただきました。

SYUちゃんへ
楽しいね〜、東京おのぼりさんサイクリングツアー、最高です!!
もっといろんな名所(歴史的な場所)をのんびりと廻りたいなあ〜。
ほんとのビール、美味しいんですが、最近はFREEもとても美味しく感じます。KIRINさんありがとう!! と言いたい。そう言うわけで?今日はKIRINさん相手の仕事(休日出勤です) 笑

東京サイクリング、随分と名所を廻ったみたいですね。
ファミリーでサイクリングなんて楽しそうでした。
車でなければホントのビールだった事でしょう。
お疲れちゃんでした。bicycle

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CYCLING IN TOKYO 1 | トップページ | 漕ぎだしはいつも、、、晴れ? »