最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« CYCLING IN TOKYO 2 | トップページ | ついに来た! 紅いあいつがやってきた! »

2010年6月27日 (日)

漕ぎだしはいつも、、、晴れ?

いや〜、またまた暫しの無沙汰をしてしまった。 書けない理由を問われる。

仕事が忙しいのか? う〜んそうでもない、、、
家庭内に問題があるのか? 確かに男女間の歪み。それは確実に存在する!
精神的な悩みを持っているのか? うん! 持ってる持ってる!
女遊びに忙しいのか? はいっ! ぜひそうなってみたいっ!!!  
とまあ、様々な方々から尋ねられたり、いぶしがられたり、、、    さてその実態は?

実はここ最近、ずーっと と言うわけではないのだが、映像編集に追われており、やっとそれが昨晩、いやいや、正確には今朝方、なんとか収束したのであり、自分でも素敵な作品が出来たな、、、と思うわけで、
 実は不肖、このマットシ、サラリーマンをしながら、会社の社長なのである! ま、バーチャルでの話だが、、、 mattoshi film studio これが社名。子どもたちの成長記録を映像化しているわけで、、、まあ、成長記録はみなさん、手のひらサイズのデジタルハイビジョンカメラを手になびかせ、運動会だ、バレーの発表会だ、何だかんだと撮りまくっているのであろうが、なかなかその映像をそこから進化させるのは大変で、そのまま、撮り貯めた映像は引き出しの中で眠っているケースが多い。mattoshi film studio では、映像編集と音楽の挿入とで、映像を編集し、皆様に喜んでもらえるような映像を企画編集する会社なのである。今回は郡山市まちなか子ども夢駅伝競走大会の映像編集をしていたわけで、、、この制作に入ると遊びにも行かず、ただひたすらに、ひとり企画会議と編集作業に没頭するので、我が相棒、マックんブログにも手を付けられるようになったのである。  と、言い訳をしながらの復帰である。

さ、ここで書き貯めてあることを一気に、、、というと、なかなか大変で、情緒も無く、わっせわっせと自転車操業的である、が、、、背に腹は代えられないので、情緒などと言う事は関係なく書いてしまおう。


まずは、僕のライフワークプレイである、カヌー。 開成山公園のソメイヨシノもすっかりと葉桜となった頃、今年も秋元湖に行き、遅咲きの山桜、マットシ桜の花見をしなければならない。ということでひとり、出陣! 今回ははじめてファンカに共栄丸を積んでみる事にした。これはなんのことなく、ただ単に燃費の問題、、、ひとりでエスティマ、しかもこいつの燃費は半端無く悪いので、ファンカで行ってみようとチャレンジしてみた。


P1240468


積んでみればこれはこれで何とかなるもので、、、まあ、ファンカはもともと、マルチパーパスを真剣に考えて創られた車であるから、スタイル的にもま、いいか! ということで。秋元湖到着!

さあ、今年の姫、、、いやいや 漕ぎ始め。
慎重に乗り込み、いざ、出航。


P1240694


山桜が新緑の中、淡いピンクを精一杯の自己主張、、、でもソメイよりもおだやかで、奥ゆかしく、、

久々の秋元湖、船の揺れに多少の違和感を覚えるが、直ぐさま感覚が戻ってきた。しかし、運動不足故、漕いでいるとけっこう疲れる。

P1240553


目的地、マットシ桜に到着。 この桜は水上からしか来れないので、ボートやカヌーでしか愛でる事が出来ない桜の木である。今までのところ、この桜の木を愛でる人にお目にかかったことがないので勝手に、名付けて僕の記念樹としているのである。


しかし、桜はまだ満開を迎えておらず、まだ七部咲きといった感じなので、しばし眺めた後、入り江の奥へと艇を走らせる。


水バショウの群生を眺め、喉を潤し、空模様も怪しいのでサッサと陸へと戻る。

P1240690


この空模様にバーチャルビア FREE の味も今ひとつ、、、


戻る途中、水面に異変を発見。

P1240670


何かと思い近づいてみたら、大きな虫が溺れている。こりゃいかん! とばかりにパドルで救助開始!


P1240673


助けた虫は クマンバチだった、、、  陸へ連れて行き放してあげる。あやうく魚の餌食になるところだった。  と、ひとり自然の営みに逆らう行為をしてしまった。

P1240663


天気が思わしくないと気分が乗らないのであるが、とりあえず船には乗った、ということで満足。

陸で少しのんびりしていると、どこからともなく轟音が、、、


クオーンという音と主に現れたのはあまり見慣れないカラーの航空機。いつもの癖であわててレンズを向けた。


P1240719


航空自衛隊HPへ

調べたところ、U-125Aという機種であった。最近この裏磐梯は偵察用のファントムが頻繁に訓練するし、この機種も偵察もこなす機であるから、、、うん? もしかしてこの僕を偵察してんのか??

なんてこたあないなあ〜  などとほざきつつ、満開のマットシ桜に会う約束をして、秋元湖を後にした、、、


P1240732


面倒くさがって、カヌー用の積載アタッチメントをつけずに来たので、帰り道で共栄丸がルーフ上でズルッとズレた、、、焦ってしまった。危ない危ない、きちんとしなきゃいけないのである。

« CYCLING IN TOKYO 2 | トップページ | ついに来た! 紅いあいつがやってきた! »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

ピナ男さんへ
カヌー、いいですね〜。 でも今年はカヌーもあまり行けず、、、 早く雨のシーズンが終ってほしいものです。
またいっしょに行きたいですね〜。
クマンバチの恩返し、、、あっはっは 今度遊びにいく時に晴れてくれれば、それが恩返しかと。 なかなか恩返しが来ないですね〜

mattoshiさん
お久しぶりです。
カヌー漕ぎいいですねー。
その内、クマンバチの恩返しがあるかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CYCLING IN TOKYO 2 | トップページ | ついに来た! 紅いあいつがやってきた! »