最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

いよいよ、今年も。

今まで、粛々と準備を行って来た、安積国造神社秋季例大祭。
昨日、われら本一講は太鼓の練習を無事に終え、事務所にて最終打ち合わせ 兼 練習打ち上げを行い、いよいよ、本日から本番を迎える。

P1270484


続きを読む "いよいよ、今年も。" »

2010年9月21日 (火)

やっぱりっ!!・・・ がんばれがんばれ!福島交通!

久々の、バスネタである。以前、福島交通のバスの事を書かせていただいたが、今度も僕の大好きな福島交通のことを書かせていただきたい。

我々のもっとも身近な公共交通機関であるバス、あんまり興味が無い方が大半だと思うが、使用しているバスの車種、、、変遷などなど、見てみると結構おもしろいものである。最近は女性の運転士さんも増え、少しづつ環境も変わってきている。鉄道オタクを鉄ちゃんなんて呼んで久しいが、最近は若いママさんたちの間で、鉄道ファンが急増。これは子どもさんと一緒に新幹線や特急電車などを見ているうちにいつしか自分たちがその魅力にハマってしまうのが原因らしく、そういう方々のコミュニティもしっかりとネットワーク化されているらしい。そしてバスにも密かにバスマニアが存在するのだ、、、
 僕はマニアと言う領域には達していないと思っていたが、、この記事のために取材する姿は、、、やっぱし、バスマニアかもしれない・・・ 


P1270002

続きを読む "やっぱりっ!!・・・ がんばれがんばれ!福島交通!" »

2010年9月17日 (金)

この夏の住人。

この夏、我が家には住をともにする仲間? が出来た。
あるとき、二階にある祐太郎の部屋から何気なく外を見た時に気がついた。
窓を開けたその先、ちょうどベランダの外壁部分に、蜂の巣がある。 元来、虫や動物好きの僕はがぶりよった!! 


アシナガバチの中でも、攻撃性の強いとされる キアシナガバチである。サッシから約10センチと言う非常に近い距離にあるため、室内からの観察にもうってつけで、本当に良く見える。

P1260308

続きを読む "この夏の住人。" »

2010年9月15日 (水)

2010 裏磐梯スカバレヒル 2

ああ、出なければ良かったかもしれない、、、なんて弱気な僕を嘲笑うがごとく、MCの、スタートを促すアナウンスが会場いっぱいに大きくこだまする。心持ちかその声がさっきよりも大きく聞こえる。
心臓が少しずつ、早く鼓動を打つ。


P1270112


続きを読む "2010 裏磐梯スカバレヒル 2" »

2010年9月10日 (金)

2010 裏磐梯スカバレヒル 1

第5回 裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会は、9月5日 晴天に恵まれすぎた中、北塩原村にて行われた。今年も懲りもせずに、無謀にも参加してしまった。
今年は自転車に全くと言っていいほど乗っておらず、脚力的に参加が危ぶまれたのだが、参加料を振り込んでしまったからには出ないわけにはいかないし、、、第一回目から出場しているのだから、休むわけにも行かない。これは男の意地なのだ!! なんちって〜


P1270084


午前5時40分 間もなく猪苗代だ。

続きを読む "2010 裏磐梯スカバレヒル 1" »

2010年9月 1日 (水)

ほんとに久々の登り、そして久々の更新、、、さて結果は 

まったく更新しないブログである、、、この更新ペースの遅さ、まったくもって情けないばかりである。そして申し訳ないばかりでもある、、、 

さて、今年になって自転車に乗ったのは数えるほどしか無い。なぜに、僕の休みの日には無情にも空から涙が溢れてくるのだろうか。涙が溢れるのはこっちのほうである!!
しかし、お天道様だけには逆らえないちっぽけな我々である。もちろん矢が降ってこない限りは、たとえミゾレであろうが、雪であろうが、ヘッチャラだい! とサドルにまたがり、ペダルを漕ぎだす猛者もいる。
僕は雨が降ったら、おうちでDVD鑑賞や、読書をして過ごしたい。若い時はもちっとがんばり屋だったのに、情けない、、、
こんなことだからブログにもあんまりインパクトがないので、書かなくなってしまう、、、情けない話である。こんな情けない僕がさらに、情けなくなってしまうことが起きた。

P1260372

                   夏空と磐梯山

続きを読む "ほんとに久々の登り、そして久々の更新、、、さて結果は " »

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »