最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« いよいよ、今年も。 | トップページ | 平成22年 安積国造神社 秋季例大祭  本一講顛末記 山車 »

2010年10月15日 (金)

平成22年 安積国造神社 秋季例大祭  本一講顛末記 宵祭り

練習も終わり、本番当日9月27日 宵祭りである。
郡山の宵祭りは、静かに行われる。山車は各町内を巡行し、それぞれの町会の皆様に今年の祭りの始まりを知らせる。

P1270578

我々、若連は朝から旗場の準備、事務所開きの準備、夕方からの山車のちょうちん準備、、、等々の作業に追われる。また、婦人部は子どもたちの夕食の準備に朝から取りかかり、、、慌ただしく祭りは幕を開ける。

支部長である僕は、まず安積国造神社にて執り行われる厳かな儀式、例大祭出席に出席します。
昨年から、出席するようになった僕にとっては、初めての事で興味津々でしたし、また勝手が分からず、少々困惑もしましたが今年は多少の余裕も、、、
例大祭のあと、各講中の支部長が変わると委任式が行われる。( 僕も昨年、この席において神社から支部長を委任されたのである。)今年は支部長交代がやたらと多く、数えはしなかったが、おそらく10近くの講において新支部長が誕生したようであった。やはり世代交代の波が来ているのだろう。

さて、例大祭が終わると、場所を境内内の神社会館に移し、なおらい が行われる。


P1270575


”なおらい”の 宴席。

P1270572


安積国造神社宮司 安藤智重 先生


P1270585


安積国造神社の宮司家出身 江戸末期の儒学者 安積艮斎先生。吉田松陰や岩崎弥太郎 等々著名人を門下生として世に輩出した偉人である。今の世なら間違いなく郡山の名誉市民である。

P1270595


なおらいが終わるとほぼ同時に本一講若連が神社に到着。ここで神社に参拝しお札を受ける。

この日、神社からは子どもたちのお菓子を享受される。毎年KちゃんとSが車で運ぶ。若連はお札を胸にいだき、事務所へ帰投。なおらいにてお酒をいただいた僕と祭事部長のHさんは少々ほろ酔い気分で帰投する。


P1270591


安積国造神社の看板巫女のお二人である。美人巫女に会いたかったら参拝はぜひ!国造神社へっ!!  

神社から戻ると、事務所では昼食の用意ができていた。平日の昼間とあって、若連の集まりは少ないが、とりあえず事務所開き。


P1270599


P1270598


今日は小若連は夕方からの集合である。昼間は山車の巡行は無く、夕方からの出発と相成るのだが、いかんせん、天候が思わしくない。小雨だが、雨が降ったりやんだり。山車を出すかどうか、判断しなければならない。祭事部長、若連の意見でちょうちん枠は組まずに、軒ちょうちんだけにて出発する事に決定。ここ最近のお祭りは天気には恵まれていただけに、軒ちょうちんだけでの巡行は久方ぶりである。


P1270614


ちょうちん、太鼓、引き綱、と出発準備を進める。



いよいよ、出発!    それにしても、子どもの少なさ、、、こりゃあ尋常ではない。

出発である!!  車庫からの出発は今までほとんどなかった事。しかし、うるさいかけ声、すまんこってす・・・


ちょうちんが軒(のき)だけなので、寂しい限り。



お囃子は、♬砂切り  二本松から伝わるお囃子で、いまや八幡囃子が根付いた郡山では、われら本一講だけが奏でているお囃子だ。 



やはり降って来た雨の中、、、町内一周を終え、無事帰還。

 P1270641


黒田提灯店前にて。元支部長のM氏と語りべ 提灯職人黒田さん。提灯のことなら黒田提灯店なのだ!!


P1270653


事務所に到着後、子若はお菓子をもらって、解散。

P1270656


大人たち、若連たちは、お酒をたくさん飲んでから、解散•••

P1270622


こうして宵祭りは雨の中、終了。明日の天気が心配だ。

« いよいよ、今年も。 | トップページ | 平成22年 安積国造神社 秋季例大祭  本一講顛末記 山車 »

祭り」カテゴリの記事

コメント

ピナ男さんへ
お疲れさまでした〜、、、有り難うございました!
怪我の影響は大丈夫でしたか? お元気そうだったので何よりでしたが、やはり、走れなかった寂しさが体全体から滲み出ていて、哀愁のピナ男さんでした。来年は出れますから、頑張りましょう。なあ〜に、一年なんてあっという間です。毎年祭りが終わったと思ったら、あっという間にまた祭りがやってきますから、、、 
僕も来年は60キロ台に、、、なれるかなあ〜  bleah

kojiさんへ
ありがとうございます、本宮は今週末でしたっけ?
見に行きたいなあ〜。 本宮も郡山と同じ二本松藩の宿場町。祭り文化も同じですね。子どもたちが真剣に練習している太鼓の音は、深まる秋の風物詩なんですよね。ふるさとの素晴らしき文化、守っていきたいですね。
天気、持ってくれればいいですね、、、

今頃やっと祭りの記事ですから、菅生はもうちいっとかかっちゃいますね〜  ダメだなあ〜。アハハcoldsweats01

2010SUGOお世話になりました。
mattoshiさんが走るのに自分は走れないこのジレンマ。
とりあえず写真は下手でも枚数は撮りましたので。
mattoshiさんの勇姿も何枚か入れときましたよ。
支部長の重責たいへんですね。

今年もまたお祭りの季節、“mattoshiさん”のところ傘を差してのお祭りは大変でしたね。いま本宮市の子供達はお祭りを控えて連日お囃子の稽古に余念がありません。市内から2キロも離れたわが家まで、夜な夜な太鼓の音が聞こえてきます。子供達が少なくなっている現状はどこも悩みの種なのかもしれませんね。“mattoshi支部長さん”ご苦労様でした。

Keiさんへ
ありがとうございます。
支部長って、これ単年で終わってくれればいいのですが・・・
ず==っと続くんだそうです。
前任の支部長は10年以上やられましたし、、、
僕の場合はほんとは、まだ支部長になるには早いのですが、色々と上の方々に事情がありまして、飛び級になってしまったのです。happy02
ですから、どこまでやるのかはまだ未定ですが、とりあえず、本一講のために頑張る所存です!!
と、大きく出たところで、、、子どもたち、可愛いですね。
うちの祐太郎も0歳から出していますが、来年から中学生のため、今年で一区切りかもしれません。
中学生になっても出るべきですし、学校も出させるべきだっ!!と
心から強く、強く 思うのでありますが、これがなかなか、、、
今の教育現場は、ある意味腐って来ていますからね。哀しき現実です。

さてさて、明日はお世話になります。頑張って走ってくださいね。
僕も頑張って撮りますから、、、あ、少しは走りも頑張りますよ〜。

 支部長さんですか、大変なお役目でしたね。
 昔からの永い伝統を守り続けるって難しいですが、ずっと残していって欲しいですね。
 男の子の浴衣姿が超かわいい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ、今年も。 | トップページ | 平成22年 安積国造神社 秋季例大祭  本一講顛末記 山車 »