最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« 久々の更新はこの話で、、、「エンドレスからの贈り物」 | トップページ | KBRC & KGRC FINAL RUN ! 予告編 »

2011年2月26日 (土)

少し前の事、、  青森って、遠いのかな?

少々、前の事を書こう。書こうなんて、威張った口調はいけない、、、さぼっていたのだから。
先月、仕事でではあるが、青森まで行く機会を得た。お〜!こりゃあ今、旬の青森新幹線の話だな、、、と
思った諸兄は残念!青森新幹線ではなく、東北自動車道のお話。


P1290374

まずは、こういうお仕事が大好きな僕に、こういう機会を与えてくださったお客様と、8723さんに感謝。
さて、青森までの行程を今回はただ、ダラダラとではあるが、記してみたいと思う。

午前7時44分   勤務先のある郡山市朝日を出発。ハンドルを握るマシンは日野製の2.75tのトラックである。荷台には、今日青森に届ける大事な商品が乗っている。
一路、郡山インターより東北自動車道に入り、ただひたすら北上す。一人でのミッションゆえ、交代要員は無し。長距離を走る前の心地いい緊張感の中、エンジンが唸りをあげる。


P1290380


郡山JCTを通過。


P1290387


雪雲に覆われた安達太良連峰を左に見て。


天気図は西高東低の冬型。しかし今日よりも明日になるとさらに天気は荒れるらしい。高速の路面状況が気になる。なにせトラックで雪の高速を走るのはかなり怖いからである。少し前から高速のライブカメラの映像をチェックする。盛岡以北はちょっとヤバいらしい。

安達太良SA通過   AM8:05


P1290392

岳温泉にある元、簡保の基金で創られた簡保の宿(豪華保養所)の跡。


二本松IC通過    AM8:10

P1290402


トンネルを抜け、道は下る、、信夫の里へ。

福島IC通過     AM8:20

P1290410


吾妻連峰がくっきりと見てとれた。


P1290415


吾妻子富士もこんなに奇麗。(一緒に写っている線はご愛嬌、、、)


福島を過ぎるとすぐに飯坂、しして国見SAとなってくるのだが、前方には白く雪雲がかかってきており、国見が悪天候である事を予感させる。

P1290417


べたーっと横に這いつくばる雪雲。  飯坂付近にて。


P1290421 

国見ー白石 スベリ止め必要。の表示。

そしてちらちらっと降ってきたと思った雪は、あっという間に横殴りの吹雪となり、視界も低下する。
地形で左右する天候を実感。

P1290428


国見付近の様子。

国見を通過後、天候は急速に回復し、青空が広がる。典型的な冬型ゆえ、太平洋側はからっとした晴天。西の方角を見やれば、山々は雪雲により白くガスっている感じ。


P1290433


晴れていても気温は低い。路肩の雪がそれを物語る、、、


白石蔵王IC通過  AM9:04
仙台南IC通過   AM9:22
泉仙台IC通過   AM9:35

P1290436


良く造るなあ〜、こういうの、、、  富谷JCTジャンクションにて。

P1290440


郡山では見ない高速バス、、、気をつけて見ていると10分置きに走っている、、最新のエアロエース。


東日本バス、、、う〜んあんまし知らないが、カラーリングが上品でいいなあ。対向車線もバシバシ走って来る。

P1290450


こちらはセレガ。あわてて撮ったのでピンぼけ、、、

ちょっと調べてみたら、仙台から盛岡、もしくはその近辺をテリトリーとしたバス会社である事が分かった。アイボリーの車体にスカイブルーのライン、、、それにロゴ体がいい!僕好みである。
東日本急行(株)HP  東日本急行

P1290455


いよいよ、宮城県を終え、岩手県に突入!! しかし、岩手は縦に長いので、、、ここからが正念場!

P1290459


一関 気仙沼IC AM10:22


P1290480


中尊寺PA通過。


道は次第に濡れ状態が激しくなってくる。空も次第に白い雪雲の中に、、、

P1290496


平泉前沢IC AM10:30


P1290497


盛岡まで80㌔もある、、、


P1290499


怪しい雲行きに周囲も暗くなってくる、、、


P1290500


こうなってくると道路交通情報がかかせないのだ!

P1290501

岩手県胆沢郡金ケ崎町西根字森山1番地に存在する、トヨタ系自動車工場、関東自動車工業岩手工場から
運ばれてきた新車たち。ここではラクティス、イスト、オーリスなどを生産している。


P1290509


前沢SAにて小休憩。雪が激しく降ってきた。

P1290506


休憩中の宮城交通の高速バス。 仙台ー新宿渋谷間 3200円。安いなあ〜 自転車も乗せてくれればいいのになあ〜。

P1290508


同じく休憩中の国際興行のバスと秋田の秋北バス。同じカラーリングなのは、グループ会社なのでである。しかし、秋北のバス、錆が目立つのである。

P1290512


前沢SA出発 AM10:43


P1290517


水沢IC   AM10:59

P1290519


対向車線にはついに除雪車が出現。この先の状況が心配である。

雪道の運転は三度の飯より好きな僕であるがトラックで雪の高速は慣れていないので正直怖い。
僕のファンカーゴはFFではあるが、軽いので面白いほどに遊べる。雪道では負ける気がしない、、、誰に??  しかし、トラックとなれば話は別、、、タイヤを通してハンドルへ伝わってくるはずの路面インフォメーションがまったく分からないばかりか、車の挙動の予測つきにくく、怖いのだ。なので、雪道になってほしくない。


P1290521


除雪車の後は渋滞が続く、、、


P1290522

除雪中、、、


P1290523


雪はだんだんとひどくなってくる。


北上金ヶ崎IC  AM11:02


P1290529


秋田方面との分岐点、北上JCT通過  AM11:07

P1290533


AM11:08 ただいまの気温。


P1290534


花巻付近にて一旦雲の中から脱出す! 晴天なれど風強し。

P1290539


晴れて入るが先にはまた、大きな雪雲が立ちはだかっている。

北上JCT通過。 AM11:19

P1290553


時に突風が吹く。道路脇の雪が飛ばされ、目の前は一瞬ホワイトアウトする。

P1290557


ようやく盛岡南!  AM11:27

 P1290559


眼前に岩手山の雄大な姿が、、、残念ながら麓しか見えない。

P1290573_2

盛岡秋田IC  AM11:34

ようやく盛岡までやってきた。まだまだ、疲れない!

盛岡と言えば、小岩井牧場、雫石スキー場。むか〜しむかし”センチメンタルジャーニー”に一人で来たっけ、、、

P1290589


松尾八幡平  PM12:12


P1290590


安比スキー場。久々に来たいなあ〜。

P1290596


ちょっと安っぽい岩手県北バスと一緒にトンネルへ。


P1290598


道路脇に、天井から漏れた雨水がカッチンコッチンに凍っていて気温の低さが分かる。


P1290604


トンネルを出た瞬間、そこは雪国だった、、、

P1290608


岩手県北バスをパス、、、

P1290613


道は山間部に入っていく、、、そのためトンネルがやたらと増えてくる。


P1290615_2


トンネル内部、、、路面がシャーベット状態なのがお分かりいただけるだろうか??

P1290619


東北道と八戸道の分岐点、安代JCTまで2km。

P1290623


あと、1km、、、路面にシャーベットがすこ〜し、、、

P1290625


シャーベットがもう少し、、、

P1290627


まもなく安代JCT。

P1290628


東北道を進むのだ!

P1290629


P1290630


P1290630_2


分岐直後の東北道。追い越し車線は完全に冠雪状態に。


P1290632


たまらず、ペースダウン、、、時速70kmまで減速! とその脇を猛然と雪煙を蹴立てて岩手県北が行く。

P1290636


安代IC  PM12:28


道の状態は悪化していくばかりである。思っていた通り、トラックのタイヤからのインフォメーションを感じる事が出来ず、恐怖いっぱい、、、

P1290650


かなりやばい状態、、、

P1290652


トンネルのオンパレード。

P1290654


トンネルの中もこの状態。少しパワーをかけるとリアタイヤがす〜〜っと流れる感覚。ヒェ〜怖っ!

P1290676


車窓の外は猛吹雪になってきた。

P1290680

田山PA通過。こちら側の車線上にも雪が積もってきた。前走車のタイヤの跡がくっきりと、、、


P1290687_2


ついに、来るべき時がやってきたようだ。

P1290701

70kmが関の山のへっぽこな僕を、北国のトラックたちは90km以上の速度で抜いていく。


P1290718

ミラーに映ったトラックは、


P1290720


ビビる僕をかすめ、


P1290721


一気にぶち抜いていく、、、


P1290724

規制は50km。


P1290710


視界もこの通り。


P1290728


十和田大館IC  PM1:18

ようやく山間部を抜け、道は平野部へと、、、 雪も止み平穏な東北道に戻る。


P1290731


除雪車も走ったのだろうか? さっきまでが嘘のように路面の雪は消え去った。

P1290748


こうして、無事 大鰐弘前ICに到着。到着時間 PM14:00ジャスト。

市内での仕事を無事に終え、、、帰路に着く。さてまた、その帰路が•••

« 久々の更新はこの話で、、、「エンドレスからの贈り物」 | トップページ | KBRC & KGRC FINAL RUN ! 予告編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

8723さんへ
おはようございます!
いえいえとても愉しい思いをさせていただきまして、ありがとうございました!!なかなかこう言う機会でもないと、冬の青森に車で行く機会など無いですから、僕にとってはラッキーだったと思っています。ほんと、有り難うございました。
おみやげなんてとんでもありませんから、ダメですよ、そう言うことを言っては、、、coldsweats01

お疲れさまでした。
年明け早々過酷なミッションを与えてしまい申し訳なかったね。来月辺りにお客様が須賀川に戻るとのこと。
お土産あるだろうから(半ば強引・・・)後日届けます。
シッカリ遊んで充電して、お仕事頑張ってください。

maruさんへ
こんばんは〜、、、ありがとうございます。
青森まで仕事でした! 僕は遠くにいくセッションが大好きなんです!
だからキツかったですけど、いい仕事でした。
五能線ですか〜、、、いいですね。青森の荒涼感、いい感じです。
でも、福島にも只見線や東武線など、いい路線な路線、ありますよ〜。

ちゃりけんさんへ
ありがとうございます!
たしかに、青もリンご出身の方いましたね〜。あの美人な方でしょ!
清楚な外観からは想像もつかない途方も無い事をしちゃうんですよね、、、あの方は。coldsweats01 青森まで自転車で帰るんですか??
ありえない、、、 ちゃりけんさんをおっかないと言わせる、、、
う〜ん、ほんとおっかないない。

お久しぶりです。

青森まで仕事ですか?お疲れ様です。
夏だったら青森まで行ってみたいと思いますよ(^o^)
五能線見てみたいです。

写真と文章で青森への旅をさせていただきました。
ゆぎ、すごいない。

そういえば某クラブにいますよね青森生まれの方。
なんでも自転車で片道600kmを帰省するとか言ってたような・・・。
おっかないです。

kojiさんへ
ありがとうございます。
そうなんです、往復、約1000㌔のドライブ、乗用車なら楽なのですが、、、
自身でドライブした最長は、神戸までです。青森もなかなか遠いですが、山々を眺めながらのドライブはいいもんですね〜。関東平野なんかだと、結構飽きちゃいますが、やっぱし山はいいなあ〜、なんて思ったりします。
この季節はなかなかタイトでしたが、翌日はさらに冬型が厳しくなってましたから、助かりました。
2月も終わりにさしかかり、もう降らないかと思っていましたが、また今日も雪、、、今日こそは、あそこに行こう!と思っていたので、がっかりな僕なのでありました、、、
しかし、何百㌔という距離を自転車で走っちゃうkojiさんは、、、やっぱしスゴすぎですよ。

ピナ男さんへ
ありがとうございます。いや〜、トラックで行きたくはなかったんですけど、、、雪道ドライブは大好きな僕なのですが、トラックは、、、ほんと慣れていないからでしょうけど、タイヤやサスからのインフォメーションがまったく分からなくって、怖いんです。
写真、撮りながらでしたが、(本当はいけないのでしょうが、、) お陰で眠くならずにすみました。
青森県と秋田県の境が山間部でして、ここがひどかったです。地形によって天候がコロコロ変わる事がよくわかりました。
ミッションは無事完了し、帰路、、、これがまた、、、

413さんへ
おお〜、お久しぶりですね!
祭りのときはお疲れさまでした。また、今年もぜひ!来てくださいね。
今年は靴忘れないように、、、地下足袋でアティの中に入ってゆく勇気は賞賛ものですが、、、
さて、仙台出身でしたよね〜、、、そうでした。東日本急行は見慣れた地元のバスなんですね! ナイスカラーリングですよね〜。福島には来ないバスなので、新鮮でしたが調べてみると高速バスはかなりの便数があるようですね。それにしても高速バスネタで萌えるとは! 話が合いそうです。今年も待ってますからね〜。
そうそう、ピアノのライブは??ありませんか?

弘前への長旅ご苦労様でした。往復すると1,000キロというところ、その片道を詳細な写真で“mattoshiさん”とご一緒した気分です。流石に北へ行けば雪の量は半端じゃなく様子は一変しますね。わたしはまだ路面に雪のある高速道路は走ったことがありませんから、おそらくビビッちゃうでしょうね。

時々刻々と変わる路面状況。
緯度が高くなるというのはこういうことなんですね。
写真で追っていくと視覚的な変化が面白いです。
さて大切なミッションを無事終えることができるでしょうか?
続編が楽しみです。

こんばんは。
A姫様の誘いで安積国造神社秋季例大祭に参加させていただいたYです。
先日は大変お世話になりました。
参加のお礼もちゃんとせず、ましてや靴を忘れてしまいと・・大失態続きでもうしわけございません。

A姫様に「写真が載っている」と来ておりましたのでブログにお邪魔したしだいです。ちなみに私は、宮城県出身で現在は福島市ですのでヨロシクお願いします。

ほかの記事もちょこちょこ覗かせていただきましたが・・
高速バスねた萌えますね!東日本急行バス!
地元の高速バスです。JRバス東北と共同運行してました。
実家の目の前が停留所だったためよく見てました。
あと。。秋北バスのカラーリング。岩手県交通と似てますよね?関連会社なのかな~と前から思ってたんですがどうなんでしょうね。

話は戻りまして、お祭りとても楽しかったです。
また機会がありましたら担がせてください!
よろしくお願いします。

それではお邪魔しました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々の更新はこの話で、、、「エンドレスからの贈り物」 | トップページ | KBRC & KGRC FINAL RUN ! 予告編 »