最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月18日 (金)

がんばれ! がんばれ! みんながんばれ!!

東京電力株式会社 福島第一原子力発電所、、、今、ここで必死に作業してくれている戦士たち、、、
甚大な被害で、すべてを失いとてつもない不安に襲われながらも避難所で支え合っている方々、、、
街すべてが がれきの山となった沿岸部のたくさんの街で泥、へどろまみれになりながらも救助作業にあたってくれている自衛隊、消防関係者、警察関係者、各国から来てくださった国際救助隊の方々、、、
高速道、一般道を物資を届けるために不眠不休で運転中のドライバーの皆さん、、、
東京で、一生懸命事態を納めるための作業をしている方々、、、
全国各地で援助支援をしてくださっている方々、、、
世界各地で日本のために、援助支援されてくださっている方々、、、
自宅で不安ながらも生活を一生懸命頑張っている方々、、、

みんな、みんな、がんばれ、、、でも、僕は何が出来るのかはわからないが、とにかく目の前の何かを頑張ろう、、、 

           いつか、この美しい海が戻ってくるように。

P1300072


  福島第一原子力発電所から南に3㌔ほどの 熊川海水浴場にて。   2/20撮影 

2011年3月15日 (火)

大震災に思う。

大震災、、、あまりに酷い津波の光景。あまりに衝撃的な原発の爆発時の映像、、、
そして、亡くなられた方々の膨大な数、、、被災し、避難所で震える方々、、、
郡山市に住む僕たちもいつ被爆被害に遭うか分からない、今の現実。
こうした中、東電が発表した計画停電におけるニュース、、、
このニュースを見ていて憤りを感じた。東京人よ、何様なのだ!
あなたたちのために福島県には原発があり、あなたたちに電気を送っているのだ。
安全神話とか言われている日本の原発だが、こういう最悪のシナリオは、想定内のはずである。
そんな事、誰しも分かっている。危険なものだという事は、、、安全ならば、東京湾に10個の原発を造ればいいのだ。しかし、危険だから、それは出来ないのだ、だからそれを受け入れている場所がある。あえてそれを受け入れ、そのために今、自分たちの町を失おうとしている人々が何万人といる中で、その方々は、けっして感情を露にせず、目に涙を溜めながら耐えている。
津波でやられたのだから仕方がない、、、と肩を落として。そうして郡山の避難所まで場所を転々とさせられながら、やってきた。かなりの方から放射能が検知されているのも事実。

この、放送の直後に、東京で電車が来ない事に苛立つ姿のニュース。
おいおい、ふざけるな!あなたたちの日常のために、電気を送っている原発で、今何が起こっているのか。ニュースを見ていないのか?? 関東に電気を送るための発電所が壊れたのだから、電気が来なくなるのは当たり前であって、これに文句を言うのはどうなのか?? 
そのためにふるさとを失うかもしれない人たちがいる、そしてその人々が今、放射能の恐怖に震えている、その現実を慮ってくれる方もいれば、自分たちの事だけで動いている一部の東京の馬鹿者もいる。 そう言う馬鹿者には、いいかげんにしろ!と言いたい。マスコミも同列に並べて放映するのはやめてもらいたい。あまりにも不謹慎で、アホらしく、情けない。あんな奴は同じ日本人として、認めたくない。と思うのは僕だけではないはずだ。

1万人以上の死者が予想される世界最大級の悲劇が起きている中で、日常を少しだけ奪われただけで済んでいるのは、幸せなほうである。人の気持ちを考えて行動したい。少しでも人の役に立てるようにしたい、、、

2011年3月14日 (月)

東北関東大震災

亡くなられた方々へ、心よりお悔やみ申し上げます。
そして被災され、避難されていらっしゃる多くの方々へ、心からお見舞い申し上げます。


大熊町、、、つい先日、駅伝でお世話になった町。 考えられない、、、いや全ての事が考えられない事態。悪夢を見ているような映像がテレビで何度も流され、目を覆いたくなる、、、

我が家はみな無事であることがなによりである。建物には損傷が多少ある、、、
僕の部屋はめちゃくちゃで、片付けが遅々として進まない。
 現在、断水が続いている、、、トイレと風呂はダメ。昨日、給水所に行って来た。三時間半並んでもらえたのは、5リッターの水のみ。
今日は実家のある中町が通水したので、水をもらって来た。しかし、実家の建物の損傷は大きく、これからどうしたらいいのか。また、大きな余震が来たら一部崩壊も考えられる、、、

原発の事が怖い、どうなっているのか。
ヘリが家の真上を真夜中にも飛んでいる。普段は好きなヘリの音、今はとてつもなく虚しい音に聞こえる。福島空港にもかなりの飛行機が来ているらしい、、、

みんな、それぞれ大変だろうけど、とにかく頑張ろう! 何から頑張ったらいいのか分からないが、目の前の事、、、とりあえず頑張ろう。希望を捨てず、頑張ろう。

2011年3月 1日 (火)

KBRC & KGRC FINAL RUN ! 予告編

KBRC と KGRC 薫ボーイズランニングクラブと薫ガールズランニングクラブ。
大熊駅伝競走大会への出場をもって、ひとまずの活動を停止する、、、
選手のみんな、そしてペアレンツたち! 本当にお疲れさまでした。
そして、これからはmattoshi film studio が頑張る番。
今回は5台のカメラでの撮影という、テレビ局並みの布陣で臨んだ、、、 
これは大熊駅伝の長い歴史の中でもきっと最初で最後の事だと思う。
カメラマンNは前日に急遽、ハイビジョンカメラを購入!!という快挙と呼ぶべき行動に打って出た。
mattoshi film studioの優秀なカメラマンたちが撮った映像の素晴らしき事! ESPNに送ってあげたいほどの作品になるであろう事は間違いない。


P1290978


そこで今日は、作品の予告編を作成したので、ぜひ、見ていただきたく、Youtube にアップさせてもらった。
ここから入れるので、どうぞ、ご覧あれ!

*お詫び*
皆様から動画が見れない、、、とのお声が。確認したところ、僕の設定ミスが原因と判明しました。
さっそく、不具合を解消しましたので、よろしくお願いいたします。
サイズの関係で?右端が切れてしまうため、上部に書いてある KBRC&KGRC をクリックして、Youtube本体からもご覧ください。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »