最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« お待たせしました! 動画いっちょ上がりっ!  | トップページ | 2012 裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会 »

2011年8月14日 (日)

8000系発車! え?それって新幹線??

以前、お伝えした通り、僕が長年愛用して来たMTB、TREK830、通称 ”スズメバチ ” の老朽化、が進んで来たため、後継機の選定、購入が決定したのだが、事情により納車、実用が遅れていた、、、
サトサイにも長い時間預かってもらい、ご迷惑をかけるので本来は9月になってからの納車も考えたのだが、ここいらで納車していただく事とした。

じゃ〜んっ!! お待たせしました!!! 
僕の新しい相棒をご紹介しましょう!!  機種名 TREK 8000


Img_1445


ディスクブレーキ、最上級アルミフレーム、よく分からないが、いいホイール、FOXのフロントショック、クランクはshimanoのXT、ディレーラーは同じくshimanoのXT、色々とスズメバチとはランクが違うMTBである。どんな乗り味なのか? 興味津々。

今朝、初めて乗ってみた8000系。そう書くと、なんだか新幹線みたいな呼び名に聞こえるのは、鉄オタだけか?? 最初の感想は正直、重っ!! 今までず〜〜〜っとロードバイクに乗って来たから仕方がないが、久々のMTBタイヤがこんなに抵抗あったとは。乗りながらポジションを変更する。サドルの高さを変える。まだ乗り馴れない。これはギンヤンマのときもそうだった。乗りこなすためには、たくさん乗り込まなきゃダメだ。ポジション出しをし、感覚を出す、バイクの特性を理解して、限界点を見つけていく。(まあ、限界点と言っても自分の限界点であり、うまい乗り手はもっともっと深い限界点を持っているのであるが、、、)
今日は限られた時間の中で、市の中心部を少し走ってみた。 一昨日から体調を崩していたので、少し目まいに似た感覚がある、、、 


Img_1421

納車時の8000系。サトサイにて、、、

走らせているうちに徐々に特性が掴めてくる。こいつは頼もしい相棒になりそうだ。自宅から5分の距離にある開成山公園。ここの中を走ってみた。深い砂利敷きのスペースを走ってみた。驚いた! 直進性が今までに感じた事がない感覚。後ろから誰かが押してくれているようにスイスイ走ってくれる。なるほど〜 と
納得しながらペダルを回す。シフターも感触がまだ今ひとつ慣れないのだが、やはりXTは変則がスコン、スコン、と精密に正確に素早く反応する。これにもなるほど〜〜〜 と納得。

Img_1449


フロントショックのヘッド部にあるアジャスター、納車時に僕の時間がなく、ろくに説明を聞かなかったので、意味が分からん。少し1Gの沈み込みが大きいような、またサスの硬さも柔いような気がして、調整してみるが、一向に変わらない。この辺はあとでサトサイに良く聴いてみよう。
開成山、朝日、西の内、神明町、清水台、中町、と走る、、、 途中ちょっとした初期トラブルが発生。
サトサイにTELしたところ、お盆でもやっていてくれて、すぐにトラブル解決! 万全の体制がありがたい。 
サトサイで社長、Jrとお話をしてるともう一組お客様が、、、 お二人とも品の良さそうなカップル。
聞けば、なんと偶然にも同時期に仕入れた8000をご購入されたお客様とのこと。まだ納車されてないらしく、あれやこれやとパーツで迷ってらっしゃるみたいであった。どこかでまたお会い出来ればいいなあ。


そうそう、今回購入にあたってとても迷ったのが、サイクルコンピューターをなににするかということ、、、


Img_1427


で、決めたのがこれ。CatsEyeのアドベンチャーというやつ。勾配と高度が計れる優れもの。とりあえずギンヤンマに装着してもらった。ギンヤンマのサイコンを8000に移設。あとからアドベンチャー用のマウントを購入し、どちらでも使えるようにする予定である。 あらら写真はおもいっきりピンぼけ、、、


Img_1475


スズメバチと8000。新旧のご対面である。


Img_1467


スズメバチにはまだ、働いてもらうのだから大丈夫! 手放したりはしないのだ!!


Img_1482


我が家のMTBたち、勢揃い。 手前から祐太郎の ブルーサンダーこと、TREK MT60。 現役のTREK MT220。 8000、スズメバチ、奥の使うオレンジペコこと、TREK4400の各車たちである。

さて、8800の名前がまだ決まらない、、、 いろいろ悩んでいるのだが、どうもピンとこないので、もう暫く悩もうかと思う。え? 公募? ああ、そう言う手もあるなあ〜。じゃあ、 名付け親になってくれた方には8000をプレゼント!! おいおい なわけないじゃん・・・

さてさて、これから愉しい思い出創りをよろしく! 相棒!! 

Img_1455


« お待たせしました! 動画いっちょ上がりっ!  | トップページ | 2012 裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

kojiさんへ
ご無沙汰してます! ありがとうございます!! 
そうなんです。もったいぶりましたが、実はkojiさんの読み通りでした〜
乗ってみての感想は、やはり前への進み方が違う!ということ、剛性が強く
かなりカチッとした感じだなあ という事。 とまあ、まだこんな事しか解りません、、、本格的にオフを走っていませんので、これから林道での走りが楽しみです。秋の紅葉狩りを兼ねた林道ツーリングが楽しみです。そうそう、熊さんに気をつけなければなりませんので、そのときはいつものように
ホイッスル(笛)は必須アイテムです! またそういったレポ、させていただきたいと思いま〜す。 しかし、名前が、、、あ〜あ。

“マットシさん”やはり8000だったのですね!これ絶対いいです。おおっと、およだが・・・。
乗ってみた“マットシさん”の驚きが伝わってきます。これはたまりませんね。さあ、これからの“マットシさん”の走りと報告がますます楽しみです。

HRT-naokkiさんへ
こんにちは、ありがとうございます。
はやぶさとは、光栄な名前ですね。しかし、カラーリング等、何か共通する部分がないかとしらべてますが、、、なかなか。 はやぶさも検討しましたが、圧倒に役不足です。
もう少し気が楽で、その辺にいて、珍しくも面白ければいいのですが。
なにか、もっとありませんかね〜。

keiさんへ
ありがとうございます。かっちょいいんです! 確かに。乗ってもいい感じです。でも、まだまだ乗りこなせませんし、ちょっとした階段なんかを下ろうとしても、怖いんです。まだ、、、
ダメですよ、さあ、あなたもスリックなんか脱いで、ブロックで勝負してください!! 行きますよ〜!林道!! 頼みますから林の奥から覗き見るように応援するのはやめてください。それってほとんどお化けみたいですから。。。 恐!

maruさんへ
そうなんです。スズメバチだったのです。実際には会いたくないですよね。スズメバチ、、、

よっちさんへ
おお〜よっちさんもミッキー派ですか! AKBをさらりと歌ってしまうよっちさんにはOKでしょうか? でも、僕のキャラにミッキーは、、、
今日はミッキーと一緒に出かけました〜 っていうのはキャラに合わなすぎです。 なにかもう少し、ないすかね?

maruさんへ
シオカラトンボ、ありがとうございます。実は購入するMTB、以前はもっと下のランクの予定でした。そのMTBはカラーが白黒だったので、シオカラトンボの予定でした。今回、思いきって清水の舞台から飛び降りたんで、そこに赤が入ってしまい、、、さてさて、、、考え中です。

nobuさんへ
今日はお疲れさまでした〜! 
ミッキーですか〜、、、 まあ、かわいくはあるけど、僕のキャラじゃあない! と妻に笑われました。 確かに言えるかも。女性サイクリストなんかにはいいネーミングですね。さてさて、何にしたもんか、難しい問題を抱えてしまいました。
体調、大丈夫になりました、、、ありがとうございます。

かっこいい!
さすがマットシさん選ぶモノが違いますね!!
あれ、最後の写真ってMTB自立してます?
愛称ですねっ。
800系といえば九州新幹線の「つばめ」でしょうか。
あ、0が1個足りない(^^;)
ここは東北の意地をかけて「はやぶさ」でいかがでしょうか??

ついに公開となりましたね!待ってましたよ~。
カッチョイイですぅ!マットシさんにもったいないぐらい、いやっ、冗談です(汗)
是非、MTB一緒に乗りましょう!と言いたいところですが、私はマットシさんのように林道なんか走ったら、顎が外れるんじゃないかと心配なので応援だけしてます。木の陰からね、ウッヒッヒ、怖っ。

オニヤンマじゃなくてスズメバチでしたね・・・(^_^;

かっこい~♪

私もミッキーに1票(笑)

オニヤンマ、ギンヤンマときたらシオカラトンボでしょう(笑)

とうとう納車されましたね~up
体調不良は大丈夫ですかsign02
病み上がりなのに、
試し乗りで、市内をぐるぐる回るなんて
すごく楽しかったみたいですねhappy01

ネーミングですか~
赤・黒・白。。。。
これで黄色があったら、間違いなく
「ミッキー」でしょ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お待たせしました! 動画いっちょ上がりっ!  | トップページ | 2012 裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会 »