最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

« ファンキーエンデューロ IN 菅生 | トップページ | アカゲラ〜akagera~ In 西部林道  »

2011年10月31日 (月)

安達太良縦走自転車隊

かねてから、福島自転車界の魑魅魍魎、(あまりにスゴい人なので、勝手に僕がこう呼んでいるのだ!)
ちゃりけんチャンから(普通、さん なのだが 僕は親しみと畏敬の念をこめて、チャン付けしてしまっている、、、勝手に。)との間で、安達太良を縦走しようよ、、、とお誘いを受けており、今回はその約束を果たすために、、、朝早くに家を出た。
急遽、エンドレスのkeiさんのご友人、千葉の極変態、カントクさんも参戦することになった(大歓迎)今回の作戦。どうなることやら、、、安達太良縦走なんて。きっと愉しすぎて苦しいはず。

Imgp0464

午前4時40分 エスティマに自転車を積んでいると、鉛色の空からポツポツと雨が落ち始めた。
おいおい、勘弁してくれよ〜。と祈る気持ちで雨がやむように願う。昨晩見上げた郡山の夜空は、満点の星空だったのに。
自転車、装備一式を積み込むと、空からの落とし物はいっそう激しくなって来た、、、
ワイパーを”オン”しないといけない天気。滅入る気持ちを抑えながら、郡山インターから高速に。
熱海インターで高速を降り、母成峠を越し、一路箕輪スキー場を目指す。ちゃりけんちゃんとは箕輪の駐車場にて待ち合わせ。 (事前に箕輪スキー場には許可をいただいている) 箕輪まで縦走した場合、ここに車を一台配置しておかないと、出発地点の安達太良高原スキー場にここからまた自転車での移動を強いられるから、ここにピクアップ用の車を置く計画である。

Imgp0475


横向大橋から箕輪山を臨む。雨はほぼ止んだが、寒さは結構なもので、また雨雲を伴ったガスが低くたれ込めた曇天。


Imgp0478

Imgp0479


登場! 福島の魑魅魍魎  チャリケンちゃん。


Imgp0480


エスティマにチャリケンちゃんの自転車を積んで、一路 安達太良高原スキー場へ。スキー場でもかる〜く雨。いや〜な天気。 通常僕だけのソロであったら絶対に行かない!!! 家でマッタリしている!
とりあえず、どうしようかと作戦会議。出た答えは、やれるところまでやってみよう! という非常に曖昧なもの。でも、それがいいところ。危なくなったらやめよう。
スキー場の駐車場にて、カントクさんと合流。僕は初対面であるが、チャリケンちゃんは2度目? 
カントクさんはなんと! あの妖怪人間が大集合した、チャリケンちゃん主催のグランフォンド福島に、今年参加し、なんと完走している、魑魅魍魎だったのだ!!! そんな妖怪2人と旅をするようになった僕は、 ある意味とても心細いものがあった、、付いていけるか解らないのだから無理もない、、、

Imgp0481

挨拶もほどほどに、カントクさんの穏やかな気性に、多少の安堵感を覚えながら? 出発!
まずは、安達太良高原スキー場のゴンドラ 安達太良エクスプレスに乗り、薬師岳の頂上付近まで一気に標高を稼ぐ。もともと、6人乗りのゴンドラだが、自転車を積むとなると、ひとりしか乗れないので、各自一台ずつの贅沢な配車。


Imgp0490


Imgp0493


まずはちゃりけんちゃん、乗車!


Imgp0498


続いてカントクさんも乗車!


Imgp0509


僕も無事乗車! さあ、一路 薬師岳へと向かう一行に何が待ち受けるのか?。

Imgp0503


前も後ろも白いベールに包まれ、視界が利かない、、、 


Imgp0514


ゴンドラを降りて、早速登り始める。 最初は木道が整備され、歩きやすいのだが。

Imgp0515


木道が終り、徐々にキツさが、、、


しかし、ケンちゃんとカントクはタフである、、まず、休もうとしないのであるから、僕としては大いに困る訳である。何度か停まって休んだのはすべて僕の提案、、、もちろんお2人ともにこやかに賛同してくださる訳だが、実際には全然休まなくてもOkの体力をお持ちである。いやいやスゴい方々である。お二方とも僕より年上、、、 ひゃ〜〜〜

Imgp0516


こんな場所を行く、、、自転車を押し、担ぎに行くのであって、乗りに行くのではないのだ!!


Imgp0517


こんなはずじゃ、、、と思わないでほしいのだが、むしろ、喜んでる?カントクさんなのである。


Imgp0518


チャリケンちゃんは黙々と担いで進む、、、速いのだ! 待って〜

Imgp0523


あんれま〜、、、 と呆れられる事?   シバシバ。


Imgp0528


まずもって目指すは山頂! タフな2人について行くのがやっとな僕。


Imgp0533


おお〜、余裕の笑顔の2人。 参るな〜

Imgp0535


乳白色の霧(雲)の向こうに、おっぱいが見えた!   


おっぱいというのは、乳首。安達太良山頂は溶岩ドームで形成されており、その形から、乳首山とも呼ばれており、その乳首が見えて来たのだ。

Imgp0539


山頂まで残り300㍍。乳首はすぐそこ!

Imgp0540


ついに登頂成功! 


Imgp0544


カントクさんの笑顔。まるで子どものよう、、、

Imgp0545


三人揃って。 ああ、馬鹿三人組、、、


Imgp0548


ちゃんと、乳首の上にも行ったのだ!


Imgp0552


何にも見えない、、、 自転車乗りて〜 とつぶやくチャリケンちゃん。

Imgp0551


頂上にて ご満悦?のカントクさん。


しかし、三人は泥と汗と涙と鼻水と多少の小便? にまみれており、また、気温の低下から寒さにもやられており 急ぎ、下山の必要性があると判断! 最初の予定とは違う形になるが、箕輪までの縦走は困難と断定し、くろがね小屋経由で帰路に着く事にした。
しかし、ここからが大変。くろがね小屋への道を間違え、峰ノ辻から勢至平方面への道を進んでしまう。
最初は全く気づかなかったが、いつまで行ってもくろがね小屋の姿が見えないため、チャリケンちゃんがおかしいと言い出した。しかし、戻る訳にも行かず、とりあえずそのまま降りる。しかし、道はその幅を狭め、道の真ん中の水道(みずみち)つまり轍がどんどん深くなる。最終的には深さ1メートル以上、幅も1メートルはあろうかという大きな轍が立ち塞がる。V字の谷になっている道を進むのだが、歩くスペースは幅が30センチなんて言う場所も、、、 斜面は粘土質でそりゃあもうツルツル滑る。僕も滑って転倒してしまった、、、 

Cocolog_oekaki_2011_10_31_07_08


こんな感じである、、、


難所を何度も何度も越えてやっとの思いで、くろがね小屋からの道と合流。砂利のジープ道だが、僕には高速道路に見えた、、、


Imgp0566


Imgp0568


くろがね小屋に到着す、、、


冷えきった体を小屋内のストーブで暖めたかったが、なにせ泥だらけ砂だらけの、ほいど(乞食)なんかにも負けない汚さゆえ、小屋の外のテラスで湯を沸かし、食事にすることに、、、


Imgp0572


各自、カップラーメンを持参するように、と通達を出していたが、偶然にもみな、カップヌードルのビッグサイズを持参した、、、気が合うなあ〜
炙っているのはチャリケンちゃん持参の魚肉ソーセージ、、、  これって ホモソーセージ て言うのだと思うが、カントクさんの地方では聞いた事がないと言う、、、おかしいな〜 全国標準だと思うのだが。


Imgp0571


ホモソーセージをかじるチャリケンちゃんと携帯電話を炙ろうとしている?カントクさん。

食事の後、せっかくだから、ということで温泉に入る事にした。僕は日帰り温泉は苦手であるので、う〜ん、と思ったが、せっかくだから。という日本人が弱いキーワードと、今夏亡くなった父が若かりし頃によく入ったと言うくろがねの湯なので、なんだか入ってみたくなり、、、


入浴後、暑いと思うほどに暖まった体に、またきったない服、カッパ を着込み、いざ、出発。
くろがね小屋のにいちゃんたちが見送ってくれた。
スキー場までは林道(通称 馬車道と呼ばれる荷揚げの道でもある。)を下る。岩が露出しまたそれが滑る! MTBでの久々の林道ゆえ、勘が取り戻せない。チャリケンちゃんは圧倒的な速さで駈け下って行く。
カントクさんはサス無し、タイヤはスリック、、と、完全にクロスバイク的な自転車ゆえ悪戦苦闘しながらも確実に下って行く。 僕はなんとか下るのだが、途中で前輪を岩にヒットし、久々の落車。左太ももにはいまもブンズ色の内出血が。  しかし、転んでも愉しいMTB遊び。


Imgp0576

無事スキー場へ戻れた、ほっと安心。そしてチャリケンちゃんのズボン、、、きったね〜 あっ僕もか


Imgp0577


大の大人3人が泥んこ遊びをしながら挑んだ安達太良縦走自転車隊、、、今回は悪天候に阻まれたが、残念かと思いきや僕はラッキーだと思う。こんな悪天候時にあっさりと完遂するなんてもったいない! 次回、晴天のもとに、キャーキャー言いながら成し遂げたい! またやっぺ! チャリケンちゃん。カントクさん。 ほいほい、希望者? 待ってますよ〜!!


« ファンキーエンデューロ IN 菅生 | トップページ | アカゲラ〜akagera~ In 西部林道  »

自転車」カテゴリの記事

コメント

nobuさんへ
いいじゃあないすか!! 僕的にはOKですよ〜。川沿いの道。会津の奥。
沼沢湖。いいコースですね。帰りにはおみやげ、アワまんじゅうかな?
沼沢の登り、がんばろうね!

マットシさん
今度のツーリング
こんな感じでいかがでしょうか?
柳津の道の駅出発
沼沢湖を一周してくるコースです
約60キロ!
洪水の被害がなければ、楽しめそうなコースです。
一応、ルートラボも貼り付けておきます。
http://yahoo.jp/-1Dkc9

チャリケンちゃんへ
お世話様でした〜!!  鍵?? なんでしたっけ〜〜?
しかし、愉しかったですね〜! そして縦走の目標が次回以降になったことで、また、やりがいが出来て、OKですよね!
冬山?? すげーっ! 僕はまだ凍結湖上サイクリングと、それに伴い奥秋元湖単独雪上丘陵自転車押上大作戦 なることをしたことはありますが、雪の林道峠道を行くなんて、オバカな事はしたことがありません。
ロケハン、良いですね! 真冬の安達太良自転車登山も、、、いいかも。
たしかに痛くないから、、でも滑落だけは避けないと、、、  汗
お返しにここで一句

自転車を、持って登るの。なぜだろう?
おバカにつける、薬無し、、、

kojiさんへ
ありがとうございます。本当の事を言っていただいて! ははは〜〜
ね、完全に変ですよね。僕もあんな雨降りに遊ぶなんて考えられないのです、が、、、誰もやめよう、って言わないんですもん。笑
でも、愉しいです! 苦しいけど、、、  次回はどうですか? ぜひ、ご一緒に!!

グーへ
おつかれさま〜。気にしてくれてありがとう! 次回は参加する??
雲間から日差しがまったく出ませんでした、、、 でも、泥んこ遊びは愉しいなあ〜 なんだか子どもに戻ったような、でも立派な大人の遊びでした。
また、やるけん、行こうか! マジで。
昨日は。部屋の片付け等で終わったよ!

マットシちゃん!!delicious

何故縦走をあきらめたのか。
それはちゃりけんちゃんが鍵を忘れたからでーす。

それを責めないマットシちゃんとカントクちゃんはかっこいいっす!

予告映画すばらしい出来映えですね。
本編を撮影しにロケハン行きましょうね。

吹雪の映像なんかあればもっと迫力が出るような気がするのですがいかがでしょうか?
MTBにはスパイクタイヤ。足元には軽アイゼン。背中にはスノーシュー背負って・・・。

雪さえ積もればこけても痛くないですよね。
ね!?んだばいマットシちゃん!

きっとkojiさんも次回はきっと。
だって安達太良だもの。

ここで一句

『雪山に
君も 
ウリョ~リ
魑魅魍魎』

もう一句

『百名山
ト・モ・ダ・チの旗
自転車隊』


うふふふsnow


「自転車で安達太良に登るなんていうあなたたちは変ですよ。」ハハハ
でもこの“変”っていうのがたまらなかったりするのですよね。雨降りだって言うのに・・・いやはやたまげました。どんな状況でも楽しめるあなたたちは、そう本当に無敵です。

お疲れ様でしたsign03
参加する訳でもないのに気にしてました。
雲間からご褒美の絶景もなくひたすらRUN&Walkも…◎では?
今、気になるのは今日の休みは何をしているか?です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファンキーエンデューロ IN 菅生 | トップページ | アカゲラ〜akagera~ In 西部林道  »