最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

2009年1月26日 (月)

薫ファイターズ、冬のおたのしみ。

我が息子の祐太郎が所属しているソフトボールのスポーツ少年団、薫ファイターズの冬のお楽しみイベントである、スキー教室が行われた。昨年は入団したばかりだったので、欠席したが今年は参加させていただいた。場所は沼尻スキー場。ここは郡山から最も近く、そしてゲレンデも比較的なだらかなので、初心者にはうってつけのスキー場である。
午前7時 学校に集合。起床時間は午前5時半、、、久々の早起き。そう言えば若かりしかの日、すきーに燃えていた頃は、冬の朝も苦にせず早起きだったなあ〜。と懐かしさが漂う冬の朝である。
 

到着すると校門前には、西武観光のバスがもうすでに横付けされ、床下のトランクが開き、我が家の”新しき仲間たち!?を待ち構えていた。コーチのみなさん、お母さん方とは久々のご対面。
「おはようございま〜す! お世話さまで〜す」とごあいさつ。さてさて、時間もせまっているので、いそいそとバスの中へ。 今回、子どもたちの付き添いという立場で参加する僕。奥はオブザーバー的な立場で参加のため、Nさんちの奥さまと一緒に自家用車でスキー場へと向かう。
バスの中は子どもたちの”たのしくってしかたがなーいっ!!!”というオーラに満たされ、幸せを全身に感じつつ、安全で快適につつがなく進行していく。母成峠を越せば最短で行けるのだが、バスは大きく迂回し、猪苗代町から115号線で沼尻へと向かう。きっと峠の路面凍結を嫌っての事だろう。

さあ、ゲレンデに無事到着。貸しスキーを借りる面々はあわただしくスキーを借り、自前のスキーを持参の面々は、ゲレンデで足慣らし。


 

P1140233


スキー場へ到着。トランクからスキーを下ろす。コウちゃん、黄色いウェアーが似合うね〜。


P1140238


足慣らしの面々。しかし、この日は冬型が強まり、アイスバーン状態のゲレンデであった。

P1140248


全員準備完了。一旦集合して、上級、中級、初級 と三班に分ける。ここではその選別試験?をする。


P1140241


緩斜面で、ひとりづつ滑る。滑りをコーチがチェックする。


P1140254


Sコーチがスキー教室の先生。なんと!SAJ指導員の資格も持ってらっしゃるのだ!!

Sコーチがいらっしゃるから出来るようなものであるスキー教室。薫ファイターズは有り難い環境なのである。さて、祐太郎はどうかと言うと、なんとか中級レベルに混ぜてもらった。準備運動の後、初級班は、緩斜面で。中上級はリフトに乗って、上へと移動。リフトに乗るのもおっかなびっくりの子もいたが、大丈夫だろうか? 

P1140339


P1140270


2年生、ちっちゃいなあ〜。でも頑張っているのだ。リフトから降りて転んだってへっちゃらだい!
後ろの大門団長は、なんと、監督さんではないですかあ〜 渋い!


天候は徐々に崩れ、雪が降ってきた。寒さも厳しいのだが、子どもたちは元気一杯!


雪の中を滑る祐太郎、、、

しかし、みんなうまいなあ〜、やっぱしスポーツやっている子どもたちはセンスがあるのだなあと実感。


雪が降っているが、子どもたちも降ってくる、、、あれ〜 とまらな〜い!   笑


P1140275


コーチに丁寧に教えられながら、滑りまくるみんな。あっという間に上達してくる。


P1140287


よ〜く話をききなさ〜い。


P1140291


説明の後、Sコーチのデモ。さあ、同じように滑ってごらん、、、

P1140293


P1140295_2


P1140296_2


P1140297


P1140313_2


P1140326


P1140309_2


P1140305


P1140315_2


P1140322


P1140337


みんな、それぞれ個性的な滑りだなあ〜。

P1140338

レストハウスの中に入ると、曇る曇る、、、

お昼になり、第一レストハウスへと移動し、みんなで昼食にカレーライスを食べる。盛りがよくって、食べごたえ充分。しかし、せっかくバスで来たので、密かに、麦で作られた炭酸水をいただくことにした。コーチに聞いたら、見つからないように、、、ということなので、秘密裏に自販機で購入してきたら、SAコーチのしょっていたリュックの中から、出てくる出てくる、米で出来た清涼飲料、、、いわゆるワンカップというものである。コーチによると、滑っている間、背中ではカチャカチャとビンがぶつかりあう音が響いていて、なんとも言えなかったとの事、、、 笑
そして、なぜだかおつまみに柿の種やら、するめいかまで飛び出して、僕らの場所だけ別次元の様相を呈す。
お母さん方の呆れた視線の中、紙コップで日本をいただく。ああ、、、なんで明るいうちから呑むとこんなに美味しいのであろうか。 すっかり御馳走になってしまった。 来年は僕らも持ち物を考えねばいかんなあ。


子どもたちは食べ終わるとみんなすぐに表に出て行って、雪合戦やらなにやらで盛り上がっているようだ。僕らはワンカップやらなにやらで盛り上がっていたが、、、

すっかり重くなった腰を上げて、僕らもまたゲレンデへ向かう。あいかわらずの雪の中、午後の部開始である。子どもたちはほんと、元気一杯!普段のソフトの練習の時とは違う、満面の笑みの子ばかり。
コーチ、親、そして子どもたち、互いに共有出来る素晴らしい時間。いやあ、来て良かったなあ。と、しみじみ思った。そして、我が家はこのスキー教室のおかげで、禁断の扉をこじ開けれられてしまい、結局、祐太郎だけでなく、僕も奥もスキーを買う事になってしまい、冬期の過ごし方が激変してしまった。僕も新しい板(ATOMIC)とブーツ(Salomon)、ストック(LEKI)を購入。カービングなる新しきスキーの世界に足を踏み入れてしまった。滑ってみたら、すごーく滑りやすい。振り回せるし、なんだか上手くなった気分になった。今度は一人で出かけようかな、、、 

子どもたちも、、、だいぶ上達した。


止まれるようになったよ〜。happy01

P1140360


また来たいなあ〜という声がいっぱい聞こえた、寒いながらも楽しい一日だった。


P1140331

スケーティングで斜面を登ったせいか、翌日は ふくらはぎが筋肉痛になった僕であった、、、

                  とほほ、、、、、


そうそう、乗り物好きな僕はバスの運転手さんたちと談笑していると、思いがけない最新情報が耳に入った!!!  


               そのお話は、次回の講釈・・・