最近のトラックバック

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

マットシのお気に入りリンク集

2009年11月20日 (金)

先日の空、、、

先日、仕事中にふと、見上げた空に、おもわず目を疑った、、、

続きを読む "先日の空、、、" »

2009年2月 1日 (日)

さよなら、そしてありがとうJAL=最終便密着取材=

昨日、1月31日をもって、福島空港から日本航空が撤退した。多くの報道でこの事はお分かりだと思う。
飛行機が好きな僕にとっても、大きなニュースであり、またショッキングな事であった、、、

 福島空港開港時の一番機、日本航空のBOEING767だった、、、当時は鶴丸が尾翼に堂々と翻り、その姿を間近に見る事が出来、一喜一憂したものだった。
 僕はそんな日本航空福島支店からBOEING747の国内用スーパーシートの払い下げ品を買い、今でも自室に置いてあったりする。
まあ、さしてたくさん利用したわけではなかったが、とりわけ想い出深いのは、奥と新婚旅行に宮古島に行った時の事。ちょうど、スーパーシートの利用キャンペーンをやっていて、たしか、+5000円ほどで利用出来た記憶がある。待合室も別室になり、シートもゆったりスペースで、とっても居心地がいい空旅だったのを憶えている。また、その時のGHさんたちのやさしい応対が忘れがたい。

北海道、大阪、沖縄、と多くの路線を飛んでくれたJAL、年間20万人の搭乗者があったそうだ。その存在意義は大きかった。

そして、そのJALが撤退した。県知事を始め、県民がどれだけお願いしても、聞き入れてはもらえなかった撤退回避、、、複雑な思いがあるのもまた事実ではあるが、なにはともあれ、最後は感謝の意で見送りたい、、、そんな想いで福島空港を訪れた、、、

P1140476

JALの空港カウンターは最後の搭乗手続きを淡々とこなしている。その光景は普段と何一つ変わりはしないが、多くの取材カメラがなんだか異様な雰囲気、、、


P1140483_2


最後の定期便となるのは、大阪行き2266便。


P1140486


もうここに定期便としてのJAL便が案内される事はない、、、いやいや、いつか復活する日を信じよう・・・

P1140487


使用されたフリートはB3だった。機体ナンバー JA8999。

グランドサービスさんもいつもと変わらず、あわただしく仕事をこなしていた。



折しもの雪、機体についた雪を落とす。


明日からJALの後を受け持つANA系のi-BEXが到着。定期便同士でのラストショット。


P1140513


出発準備が終了し、最後に記念写真を撮るGSさんたち。今までありがとう、、、あなたたちのおかげで福島発のJALが飛んでいたのです。どうか、誇りを持ってこれからもがんばってください。


18時59分 最終便出発の瞬間、、、 トーイングトラクターにプッシュバックされて動き出した瞬間、それが出発時間。 Japanair 2266 pushback。
GSさんにコックピットから手を振るクルーのお二人が見える。感慨深い心境なのだろうなあ、、、


19時05分 滑走路進入の許可が出た。いよいよ離陸へ向け滑走路へ。GSさんたちが並んで手を振る。そして寒風吹きすさぶ中、グランドホステス GHさんたちも見送りに出て2266便に手を振る。


19時10分 離陸開始、、、 日本航空2266便 福島発大阪伊丹行き これをもって日本航空福島発定期路線、終了です。


※しかし、今回撮影大失敗、、、飛び立った瞬間からカメラ大ブレ、、、すみません哀しさで動揺してしまいました・・・


P1140552


出発便ボードの表示が消え、、、

P1140554


閑散としたカウンター。


P1140558


見送った航空ファンの姿も消え、、、マスコミ数社が残るのみ、、、狙いは僕と一緒、、、



最後の灯をおとす、、、その瞬間。

この世界的不況下、航空会社が生き残っていく事は容易い事ではない。先日も関空からの減便のニュースが大きく報じられていた。福島空港から去っていった JAL。われわれ県民がこれからの空港の行方を握っているのは間違いない事である。
幸いにして、福島空港は全日空のご配慮により、i-BEX とANAで大阪便を一日5便体制にしてくれるとのニュース。しかし、搭乗率によっては、全日空だって存続出来ない。国際線のアシアナ、中国東方、両社も同じく、、、である。
間もなくお隣、茨城県にも茨城空港が開港する。今まで利用してくれた茨城の方がそちらへ流れるのは必至。福島県民のみなさん、どうぞ、福島空港を活用してください。今の空港を支えていけるのは、他ならぬ、我々県民しかいないのですから、、、
丸井撤退の時にも思ったのだが、やはり、みんなで地域を考えて、自分の故郷に誇りを持って、愛着を持って行動しよう。さすれば、何か光明がさすのではないだろうか。


P1140565


ありがとうJAL。またきっと、いつの日かきっと帰ってきてほしい、、、いや、帰ってくる!
そう信じてやみません。働いていらっしゃった社員の皆さん。本当に今までありがとうございました。新天地での皆さんの活躍を期待しております。

P1140569